トップページ >  CONTENT >  釣種から探す >  あなたの手に合うのはどのSS?ステファーノSSベストチョイス

2023/10/25

コラム

あなたの手に合うのはどのSS?ステファーノSSベストチョイス

ステファーノSS M180で聞き上げつつ喰い込ませていく。この穂先が秀逸、と鈴木孝
ステファーノSS M180で聞き上げつつ喰い込ませていく。この穂先が秀逸、と鈴木孝
シマノ最新タックルを手に名手が実釣する「タックル最船端」。今回はカワハギ専用竿「ステファーノSS」全4モデルを鈴木孝が解説する。

「ひとことで言えば、ステファーノSSは全てのシーズン、シチュエーション、そして好みに対応できるカワハギ竿です」
9月の竹岡沖、水深12メートル。鈴木孝はニューロッド・ステファーノSSの中から最もソフトなS180から釣り始めた。

目感度重視のステファーノSS S180

目感度重視のステファーノSS S180

「S180は喰いがスローなカワハギに自然に吸い込ませてハリ掛かりを促す絶妙なセッティングの、目感度重視のモデルです。特にこの穂先、見てください。トップモデル並みの仕上がりです」
鈴木はあっと言う間に数枚をキャッチすると続いて2番目に軟らかいM180にチェンジ。
「ステファーノSSの4本の中で、どのモデルにするか悩んだとしたら、軟らかめの竿が好みであればM180です。ブランクスの硬さや手感はマイルドで穂先はしなやか。オートマチックに喰い込ませやすい1本で、喰いがスローな日が増えている近年のカワハギ釣りにマッチしています。もう一つの目安として、シロギスや湾フグが好きな方は、ぜひM180から始めてみてほしいですね」

どの竿も最先端のカワハギ釣りにマッチしているから外せない
どの竿も最先端のカワハギ釣りにマッチしているから外せない

ソフト寄りの定番がM180とすれば、ハード寄り、硬めの定番はMH175となる。
「MH175は手感が7、目感が3のイメージ。アタリの感触や引きが手にダイレクトに伝わってくるため、カワハギ釣りらしい楽しさを存分に味わえます。船釣り自体初めてという方はもちろんですが、腕に覚えのあるベテランでも一線級の竿になるはずです」

手感度重視のステファーノSS MH175

手感度重視のステファーノSS MH175

MH175の手感度と喰い込み性能のバランスのよさは、フラッグシップモデル・ステファーノリミテッド譲りといえるだろう。
「そしてオモリを底から離して釣る、または硬い竿が好きで手感度を求める方にはHH170。今日も宙に浮いている場所では気持ちよく釣れました」
小型が瞬時にエサをかすめ取るかと思えば、スローに誘わないとサワリも出さない。同じ竹岡沖でも時間や場所でカワハギの喰いは変わる。そんな中、鈴木はコンスタントに釣り続ける。

いよいよ最盛期。ヒレの整った好コンディションの個体が増えてきた
いよいよ最盛期。ヒレの整った好コンディションの個体が増えてきた

「ステファーノSSは硬軟4タイプありますが、そのいずれも最新のカワハギシーンで通用するバランスに仕上がっていますから、どれか1本でもシーズンを通してカワハギ釣りを楽しむことができます。ぜひ、自分好みの竿で、より深くカワハギ釣りを楽しんでほしいと思います」
ちなみにこの日、竹岡沖で鈴木が最もテンポよくカワハギを掛け続けた竿は、ステファーノSS M180であった。

小型はもちろん、おいしくいただく分以外はリリース

小型はもちろん、おいしくいただく分以外はリリース

【Xシートフロントトリガー】
グリップ前部のトリガーに人差し指、あるいは中指を掛けて支持することで、より繊細なロッドワークと快適な巻き上げを可能とし、キャスト時の安定感も増す。

グリップ前部のトリガーに人差し指、あるいは中指を掛けて支持することで、より繊細なロッドワークと快適な巻き上げを可能とし、キャスト時の安定感も増す。

【Xガイド】
軽さ、トラブルレス、キャスト性能を高次元に融合させたシマノオリジナル高性能ガイド。立体構造で糸絡みを抑えつつ、糸抜けもよい。
軽さ、トラブルレス、キャスト性能を高次元に融合させたシマノオリジナル高性能ガイド。立体構造で糸絡みを抑えつつ、糸抜けもよい。

FISHING TACKLE

【ステファーノSS】
穂先に鋭敏高感度カーボンソリッド“タフテック”を採用、さらに穂先を“ハイパワーX”で締め上げた“ハイパワーXソリッド”を搭載。トップモデルに引けを取らない目感度、手感度を実現させ、穂先部にXガイド、グリップにはXシートフロントトリガーを装備したハイコストパフォーマンスロッド。2ピース設計で携行性にも優れる。
【MH175】カワハギ竿らしい硬めの定番
【MH175】カワハギ竿らしい硬めの定番

鈴木孝の印象=目感度3:手感度7

左上:典型的なカワハギ用先調子左下:オモリ25号をぶら下げた状態

左上:典型的なカワハギ用先調子
左下:オモリ25号をぶら下げた状態

【S180】シリーズ中最もソフトなモデル。

鈴木孝の印象=目感度9:手感度1

左上:まるでゼロテンロッドのように曲がり込む左下:オモリ25号をぶら下げた状態

左上:まるでゼロテンロッドのように曲がり込む
左下:オモリ25号をぶら下げた状態

【HH170】シリーズ中最も硬い手感度重視モデル

鈴木孝の印象=目感度1:手感度9

左上:負荷に対して小さく動く左下:オモリ25号をぶら下げた状態

左上:負荷に対して小さく動く
左下:オモリ25号をぶら下げた状態

【M180】軟らかめの定番となるのがM180

鈴木孝の印象=目感度7:手感度3

左上:初動がスムーズでアタリを弾くことが少ない左下:オモリ25号をぶら下げた状態

左上:初動がスムーズでアタリを弾くことが少ない
左下:オモリ25号をぶら下げた状態

【M180】軟らかめの定番となるのがM180

プロフィール

鈴木 孝 (すずき たかし)

[アドバイザー]

カワハギを中心にマルイカ、アナゴ、フグなど釣行は年間70回以上でアタリをとることに精通。釣り歴45年以上を誇り、カワハギ歴は約15年以上。2007年ごろから競技に重点を置くようになり、様々な大会に出場するようになる。2015年シマノステファーノグランプリ優勝。

SNS:

facebook twitter instagram

この記事をシェアする:

この記事で使用している製品

ステファーノ SS[STEPHANO SS]

ロッド

ステファーノ SS[STEPHANO SS]

ステファーノ SS

リール

ステファーノ SS

関連記事

RELATED COLUMN

弊社では、お客様が常に快適にウェブサイトをご覧いただけるようCookieを使用しています。

 ”同意します”ボタンをクリックすることによって、弊社のポリシーに従ったCookieの使用に同意されたものと見なします。弊社のCookieの使用方法に関して詳しくは、 こちらをお読みください。