トップページ >  CONTENT >  釣種から探す >  2024年4月鳥取県・島根県GW釣行 【伊藤幸一】

2024/05/13

コラム

2024年4月鳥取県・島根県GW釣行 【伊藤幸一】

釣行日: 2024年4月27日~29日
場所:  鳥取県・島根県境水道周辺
天候・気温: 晴れ時々曇り 23℃前後
釣果: 15㎝~24㎝40匹~60匹くらいの釣果

  • 使用ロッド: スピンパワー405BX⁺、425BX
  • 使用リール: キススペシャル45CE
  • ライン: キススペシャルEX4/G5 PE 0.8号、0.6号
  • 仕掛け: 掛けキス50連グロータイプ6号、自作仕掛け:キス鈎8号無限仕掛け・ハリス蛍光イエローフロロカーボン、クリアカラーハリス1.0号 夜光ビーズピンク、グリーン装着、モトスフロロカーボン2.0号4本鈎で使用
  • スナズリ: フロロカーボン2.5号60cmテンビン側に18号スナップサルカン、仕掛け側にフカセ用極小サルカン
  • テンビン: 鉛素材28.5号、30号、31.5号L型固定アーム長85㎜/ブラテンタイプ25号(樹脂キャップ浮力材入り)アーム長120㎜
  • エサ: 高知産ジャリメ(イシゴカイ)

皆さん、こんにちは、神奈川の伊藤幸一です。
今回は、鳥取県・島根県境水道に釣行してきました。
釣り場には、9時頃到着し、先行しておられる高知の大先輩、地元の大先輩と鳥取県側で合流します。


釣況を尋ねると、あまり良くないとのこと。
さらに、外海方向へ移動するとのことなので、ここでは竿を出さずに、外海側へ移動しました。


通称:白灯と言われるポイントにやってきました。
早速、準備を始めます。ここでは、キャストスペースがかなり狭いので、ロッドは425ではなく、スピンパワーの405BX⁺とします。リールは、キススペシャル45CEに、ラインは、キススペシャルEX4 0.8号に、L型固定無垢テンビン28.5号をセットします。

皆さん、こんにちは、神奈川の伊藤幸一です。

仕掛けは、シマノ・掛けキス6号グロー仕様4本鈎仕掛けとします。エサは、ジャリメの1匹掛けとし、大きい個体は、頭をカットし、鈎の上部までコキ上げて、キャスト時の風圧で外れないようにします。

仕掛けは、シマノ・掛けキス6号グロー仕様4本鈎仕掛けとします。

力糸のタラシをバッドガイド付近へセットして、地面へ置きます。本来であれば、#2~#3の継ぎ目辺りまで、タラシを取りたいところですが、背後が草むらとなっており、タラシが長いと、キャスト時に仕掛けが草むらに掛かってしまうので、バッドガイドくらいの長さが適切な長さになります。


ファーストキャストは6色半付近へキャストします。ラインスラックを取りつつ、超スローでサビいて、探りをいれます。今シーズンは、境水道含め周辺のポイントは、あまり好調では無いとのことなので、魚影は薄いと予想して、いつもよりも更に丁寧に探るようにしました。
1投目は、4色付近まで探るも、アタリもなく空振り。エサにも触った形跡もない感じです。
同行者には釣果があったようです。距離を聞くと、4色を切った辺りとのこと。「比較的近い距離に居るのか?」と独り言・・・。
次のキャストでは、3色半先で、「クックッ!」とシロギスだと思いますが、魚信が小さく感じます。


巻き上げると、なんと!魚が付いていません・・・。残念!鈎掛かりしませんでした。
予想以上に、喰いが渋いようです。マジか⁈
ここで、逆の発想で、鈎のサイズを7号へサイズアップしてみます。エサは、あまり大きくは付けずに、ジャリメの頭をカットし、3㎝ほどでセットしました。
丁寧に探ります。先ほどと、同じ距離で、アタリが入りました!「クックッン!」「グッン!」と、複数匹の魚がアタックしているようです。巻き上げると、連できています!中型ですが、3連です。

力糸のタラシをバッドガイド付近へセットして、地面へ置きます。

鈎の号数アップが良かったのか?エサの大きさを少し小さく付けたのが良かったのか?その後も、シングル、ダブルと入れ喰いとまでいかないまでも、まずまずの釣れ具合となってきて、狙いの20㎝オーバーも顔を出してくれ、何とか形になりました。

鈎の号数アップが良かったのか?

初日なので、移動してきた疲れもあり、少し早めに上がりコンディションを整えることにします。
まずまずの釣果であるものの、いつもの境水道と比べると、Bigサイズが出ないことが少し気になります。

初日なので、移動してきた疲れもあり、少し早めに上がりコンディションを整えることにします。

2日目は、ホテルの朝食をたくさん食べて、エネルギーチャージして挑みます。
とりあえず、弓ヶ浜の状況がみたい!との私の希望で、ジャパンカップ本部下付近で、竿を出してみます。


1時間ほど、遠く、近くを探ってみましたが、事前情報通り、まったくのノーバイト・・・。参った。
すぐに、移動しました。今日は、島根県側の美穂関方面でやってみます。
護岸ではなく、岩場なので、ロッドは、取り込みに有利なスピンパワーの425BXをチョイス。根が張り出しているところなどでは、チョイ長めが扱いやすいです。

2日目は、ホテルの朝食をたくさん食べて、エネルギーチャージして挑みます。

ここでは、大型を意識して、鈎は8号を使用します。エサも遠投の必要が無いので、ジャリメの頭を落とさずに大きく付けました。3色付近へキャストします。かなり水深があり着底まで時間が掛かります。10m以上ありそうです。


ゆっくり引いて、海底の状態を見つつ、ポイントとなる障害物の様子も見ます。
2色が少し入ってきた距離で、いい感じのアタリが入りだしました!そのまま仕掛けの移動を止めて、追い喰いを誘います。連続してアタリが入るので、巻き上げると16㎝~20㎝の3連です。この近距離から、このサイズのアタリですから、釣り味は最高です♪

ここでは、大型を意識して、鈎は8号を使用します。
ここでは、大型を意識して、鈎は8号を使用します。

キャストする方向を、少しずつずらしながら、探っていくと、ほぼカラ無く釣れ続き、楽しめる展開です。


そうこうするうちに、ひと際大きくアタリが入りました!「ギューン!」「ゴンッ!」と一気に、スピンパワー425BXの穂先が1m以上引き込まれました!すぐに巻き上げに入ります。手前のハエ根に注意しながら取り込むと、良い型のシロギスです。25㎝超えているかな?と思いましたが、残念ながら24㎝ちょっとでした(悔しい)でも2色の近距離からのアタリでしたので、非常に楽しい釣りです。

キャストする方向を、少しずつずらしながら、探っていくと、ほぼカラ無く釣れ続き、楽しめる展開です。

この日は、アタリが遠のく夕方まで頑張り、大型は出なかったものの、平均サイズは良かったので、満足のいく釣行となりました。

この日は、アタリが遠のく夕方まで頑張り、大型は出なかったものの、平均サイズは良かったので、満足のいく釣行となりました。

これからが、本格的シーズンに突入します。通常であれば、GWから二潮回れば確実だと思いますので、弓ヶ浜、境水道と皆様もぜひ、チャレンジしてみてください。

プロフィール

伊藤 幸一 (いとう こういち)

インストラクター

地元 湘南の浜を中心に全国を釣り歩くトーナメンター。シマノ ジャパンカップ 投げ 第26回・第29回・第34回 優勝。

SNS:

facebook

この記事をシェアする:

この記事で使用している製品

スピンパワー (並継)

ロッド

スピンパワー (並継)

キススペシャル 45
リール

キススペシャル 45

キススペシャル G5 PE

ライン

キススペシャル G5 PE

キススペシャル EX4 PE テーパー

ライン

キススペシャル EX4 PE テーパー

関連記事

RELATED COLUMN

弊社では、お客様が常に快適にウェブサイトをご覧いただけるようCookieを使用しています。

 ”同意します”ボタンをクリックすることによって、弊社のポリシーに従ったCookieの使用に同意されたものと見なします。弊社のCookieの使用方法に関して詳しくは、 こちらをお読みください。