トップページ >  CONTENT >  釣種から探す >  ワームの無重力状態とは? ハードボトムに隠れるクロダイをヒットさせる秘訣。

2023/03/23

コラム

ワームの無重力状態とは? ハードボトムに隠れるクロダイをヒットさせる秘訣。

日本全国の幅広いエリアに生息するクロダイ。しかしこの魚は、釣り場で見かける確率が高い一方で、ルアーには簡単に反応してくれないことが多く、釣るには独特の難しさを併せ持っているゲームフィッシュだ。今回は、そんなクロダイを黒田健史さんが新しいブレニアスのロッドでテクニカルに攻略する様子をご紹介。浜名湖を舞台に展開するこの釣り方が自分の釣り場でも通用するか、ぜひ参考にしていただきたい。

淡水と海水が入り交じる釣り場。浜名湖でクロダイを狙う面白さ。

まず、今回の舞台となる静岡県の浜名湖の特徴であるが、名前に「湖」とついてはいるものの淡水と海水が入り交じる汽水湖である。そのためこの浜名湖には、多種多様の生物が存在し、プランクトンや小魚達も実に豊富。そこでクロダイも季節に応じて様々なエサを捕食している。また地質は、岩場やカキ瀬を中心としたハードボトムが基本で、所々に砂泥質の場所も含まれるのが特徴。基本はこのハードボトムを攻略していくのだが、水深が1〜2mしかないような浅い場所も多く、いかにラインブレイクしないようにやり取りするかが難しくも面白いところだ。それでいて、警戒心の高いクロダイに口を使わせてヒットに持ち込むためには繊細さも必要となる。このゲーム性の高さが浜名湖でクロダイを狙う魅力と言えるだろう。

水深が浅くカキ殻も多い浜名湖。ラインブレイクされないようにクロダイを狙っていく黒田さん。

グライドリグと呼ばれるシステムで狙った。重りは5g、7g、10gを状況に応じてローテーションした。

クロダイはボトムを中心に狙う季節。新しいロッドの性能を存分に試す。

実釣したのは10月の下旬。この時期のクロダイは積極的にベイトフィッシュを追いかけると言うよりは、岩場やカキ瀬にいる甲殻類を捕食していることが多い。つまりボトムを中心としたゲーム展開がメインとなる。黒田さんが言うには「ボトムにいるクロダイは10〜20cm程水深が深くなっているちょっとしたくぼみに隠れています」とのこと。その小さなスポットを攻略するために重要となるのがタックル選択だ。まずハードボトムでのラインブレイクをできるだけ防ぐためには、パワーで勝るベイトタックルの方が有利となる。そこで使用したロッドがブレニアスの「B74ML-S ボトムトレースモデル(ソリッドティップ)」という、シリーズに新しく追加されるモデルだ。このロッドは、パワーはもちろんであるが、先端にルアーを喰い込ませやすいソリッドティップを搭載しているのが特徴で、繊細さと力強さが1本にバランス良くまとまったロッドになっている。今回はこのロッドで、ボトムに隠れているクロダイを攻略していく。

突如としてゴンッっという手応え。すかさずフッキングを決めて魚を浮かせにかかる。

ヒレのきれいなクロダイが登場。浅場でのスリリングなファイトを楽しませてくれた。

厳しい状況でもヒットを連発させるコツ。ワームの無重力状態とは。

そしてこのロッドは、フリーリグととても相性が良い設計になっている。フリーリグとはナス型オモリとオフセットフックを組み合わせて作る仕掛けのことで、根掛かり回避性能に優れているのが特徴だ。これでボトムを意識しながらタダ巻きでコツコツと誘っていくのだが、この時の使い方にも黒田さんなりのこだわりが隠れている。黒田さんが言うには「ワームが無重力のような状態を作りたいんですよね」とのこと。つまりワームは、ボトムに付きすぎてもいけないし、離れすぎてもいけないということだ。この理由としては、ボトムに着きすぎるとすぐに根掛かりしてしまうのだが、反対にボトムから離れずるとクロダイのバイトが激減してしまう。このちょうどいいところを感じながらタダ巻きで攻略するのが重要であるとのことだった。

基本はタダ巻きで操作する。ボトムを感じながら巻きスピードを調整するのがコツ。

ロッドのパワーを活かして魚を浮かせた。最後は落ち着いてネットイン。

この日の最大サイズが登場。ベイトタックルの必要性を改めて実感。

こうしてロッドとワームを使いこなして順調にクロダイをヒットさせていく黒田さん。そしてこの日、最大サイズのクロダイが釣れたのは夕マズメのタイミングだった。目の前にはカキ瀬が広がるポイントで、ルアーの着水点こそ深いものの、水深は自分の方へ向かうにつれてどんどん浅くなっている。すなわち、ヒットさせたら魚をすばやく浮かせないとすぐにラインブレイクしてしまうようなシチュエーションだ。そんなポイントで黒田さんは、「キタ!デカイですよ」と狙い通りにヒット。直後いっきに魚を浮かせて釣り上げたのは50cmに迫るサイズの立派なクロダイだった。

この日最大サイズのクロダイ。ロッドのポテンシャルを存分に活かして獲れた1匹だった。

繊細かつ戦略的に攻められるロッド。クロダイを狙う楽しさはまだまだ拡がる。

ベイトタックルの利点を存分に活かしてキャッチできた、この日最大サイズのクロダイ。普段は銀色だが、夕日に染まってオレンジ色に輝く姿が美しい。「浅いところを超えるのが大変でしたね」とファイトを存分に楽しませてくれたクロダイをリリースして、今回の釣行を終えた。ブリームゲームと言えば、スピニングタックルのイメージを持つ方もまだまだ多いかもしれないが、ベイトタックルを使うことで、また違った面白い側面が見えてくることは間違いない。特にゲーム性の高さを追求するアングラーにとって、このブレニアスの「B74ML-S ボトムトレースモデル(ソリッドティップ)」は大きく可能性を拡げてくれるロッドになっている。まだベイトタックルでブリームゲームを楽しんだことのない方には、ぜひ一度手にとってベイトタックルの魅力を体感していただきたい。

夕日に染まる魚体が美しい。1匹ごとに色味や模様が異なるクロダイの魅力にもぜひ注目してもらいたい。

プロフィール

黒田 健史(くろだ けんし)

[インストラクター]

JBTOP50プロ。バスのみならず浜名湖のチヌやシーバスにも精通。国内のバストーナメントを中心に活躍し、上位にランキングされる機会も増えている注目のアングラー。

SNS:

facebook twitter instagram youtube

この記事をシェアする:

この記事で使用している製品

ロッド

ブレニアス

リール

カルカッタコンクエスト BFS

リール

ピットブル G5

関連記事

RELATED COLUMN

弊社では、お客様が常に快適にウェブサイトをご覧いただけるようCookieを使用しています。

 ”同意します”ボタンをクリックすることによって、弊社のポリシーに従ったCookieの使用に同意されたものと見なします。弊社のCookieの使用方法に関して詳しくは、 こちらをお読みください。