トップページ >  CONTENT >  釣種から探す >  エクスセンス レスポンダー165F フラッシュブースト×嶋田仁正 ~165mmに込められた意味~

2023/05/15

コラム

エクスセンス レスポンダー165F フラッシュブースト×嶋田仁正 ~165mmに込められた意味~

エクスセンス レスポンダー165F フラッシュブースト×嶋田仁正 ~165㎜に込められた意味~
微かな抵抗でもしっかり動くことがコンセプトのハイレスポンスミノー、エクスセンス レスポンダーシリーズに追加されたビッグサイズバージョン。マッスル仕様と称される165mmのボディを持つミノーは、ターゲットとなるランカーシーバスをいかに魅了するのか。インストラクターのランカーハンター嶋田仁正が実釣と共に解説する。

フラッシュブーストの導入

「1年中ベイトの種類に関わらずボックスに入れられる」と嶋田さんが評するレスポンダーシリーズ、その最大サイズとなる165Fで大きく変わったのは、フラッシュブーストの採用だ。その効果はもちろんアピール力。ボリュームのあるボディに内蔵された反射板が夜の灯りを確実に反射し、ランカーシーバスのスイッチを入れる。一方サイズアップによる飛距離はジェットブーストによって落ちることなく、レスポンダーシリーズのメリットを引き継いでいる。

30cm未満の超シャローをワイドロールでアピールするレスポンダーシリーズ。
30cm未満の超シャローをワイドロールでアピールするレスポンダーシリーズ。
従来のキャスト性能とフラッシュブーストの相乗効果で、さらなる広域からランカーシーバスを誘う。

従来のキャスト性能とフラッシュブーストの相乗効果で、さらなる広域からランカーシーバスを誘う。

ナイトゲームの明暗部でフラッシュブーストが強い効果を発揮する。
ナイトゲームの明暗部でフラッシュブーストが強い効果を発揮する。

サイズ感で濁りを攻略

河口の最下流エリアにてNキャンディカラーで橋脚周辺をトレース。「上げが今日はすごい弱いんよ。だから下げの間に釣らんとダメだと思う」。短期勝負を図るべく、流れとは逆の動き、ゆっくりした流れなら速く、速ければゆっくり引くという嶋田さんのセオリー通りに速い流れをスローに攻め、小型ながらも捕獲に成功。「濁りがあるからこういう感じになるんだよね。濁りがなければ99Fとかの方がジャストサイズですね」。ジャストサイズでは濁りでしっかりアピールできなかったはず。165Fのボディサイズとフラッシュブーストの効果が出た1本といえるだろう。

「サイズはお子ちゃま」と笑うが、濁りの中でレスポンダー165Fのアピール力が奏功した1本。
「サイズはお子ちゃま」と笑うが、濁りの中でレスポンダー165Fのアピール力が奏功した1本。

「サイズはお子ちゃま」と笑うが、濁りの中でレスポンダー165Fのアピール力が奏功した1本。

カラーローテーション

「頭がいい奴ほど効率よく餌を取る。だから長生きできてるんだと思う」。狙うのはそんな頭のいいランカーサイズ。そのために嶋田さん選んだ次の一手はカラーセレクトだった。「ルアーはでかいしアクションは大きいんだけど、存在は消す」。クリア部分の大きいTスケボラカラーで、スローに攻めつつもアクションは大きめという165Fならではのチョイスに加え、フックをデフォルトの#3から#4に落としウエイトを下げてレンジを上げるという複合戦略がピタリとハマった。「喰う瞬間の見切り具合は減らす。これがルアーローテーションの中のカラーローテーションですね」。

放水によって水全体が動いてしまい、思ったトレースコースが引けない中でも存在感で喰わせサイズアップに成功。
放水によって水全体が動いてしまい、思ったトレースコースが引けない中でも存在感で喰わせサイズアップに成功。

放水によって水全体が動いてしまい、思ったトレースコースが引けない中でも存在感で喰わせサイズアップに成功。

165mmに込められた意味

ボディサイズに対してタイトなアクション、そしてワイドロールを主体とするレスポンダーだからこそ、ボディを大きくできる素地があった。つまり、ベイトの種類やサイズに関係なく使えるミノー、レスポンダーシリーズこそのビッグシルエットだと嶋田さんは言う。マッチザベイトはルアーフィッシングの王道ではあるが、ベイトが小さいからといって排除するのは、釣れるチャンスを逃すことにもなりかねないことを、今回の撮影で165㎜のレスポンダーを使うことで証明した。「この165㎜というのは、サイズに関わらず使いやすいルアーになっていると思います」。

ただ巻きでの使用が前提なのもシルエットが活きてくる要因だ。
ただ巻きでの使用が前提なのもシルエットが活きてくる要因だ。
投げやすさと巻き心地を重視した嶋田さんのタックルセッティング。

投げやすさと巻き心地を重視した嶋田さんのタックルセッティング。
<タックル>
ロッド:エクスセンス ジェノスS97MH/F
リール:ステラ4000MHG
ライン:ピットブル8+ 1.5号
リーダー:フロロ30lb

プロフィール

嶋田 仁正 (しまだ じんせい)

[インストラクター]

中国エリアと関西エリアをホームとし、小型バイブレーションからビッグミノーまで巧みに使いこなす稀代のランカーシーバスハンター。その土台にあるのはシチュエーションに臨機応変に対応できる引き出しの多さである。

SNS:

twitterfacebook instagram

この記事をシェアする:

この記事で使用している製品

ルアー
エクスセンス レスポンダー 165F フラッシュブースト
ロッド
エクスセンスジェノス
リール
ステラ
アクセサリー
ピットブル 8+

関連記事

RELATED COLUMN

弊社では、お客様が常に快適にウェブサイトをご覧いただけるようCookieを使用しています。

 ”同意します”ボタンをクリックすることによって、弊社のポリシーに従ったCookieの使用に同意されたものと見なします。弊社のCookieの使用方法に関して詳しくは、 こちらをお読みください。