トップページ >  CONTENT >  釣り初心者向けコンテンツ >  STEP1 今釣れる魚から決める >  ニジマスの特徴と釣り方

ニジマスの特徴と釣り方

ニジマス
  • 分類/サケ目サケ科
  • 別名/レインボートラウト(英名)
  • 季節/春・夏・秋・冬

外来魚で日本では北海道の一部に定着しているが、それ以外は放流魚が多い。河川での釣期は解禁期間に準じる。管理釣り場でも人気のターゲットとして知られている。大型は80㎝以上になる。

目次

釣り方
ルアー

ここでは管理釣り場のニジマスの釣り方について解説する。管理釣り場とは人工的に管理された池で魚が狙える場所のこと。トイレや駐車場が完備され、基本的に足場もよく快適に楽しめる環境が整っている。ニジマスの大きさは20cm前後から50cmオーバーの良型がいるところもある。


管理釣り場は魚がいるという安心感からすぐ釣れそうなイメージだが、なかなかヒットしない難しさもある。これにハマって何度も通う人も多い。


おもにスプーンと呼ばれるルアーで狙い、ただ巻きが基本。コツは竿先をブラさないこと。アタリは小さいので、何かがアタったと感じたら小さく鋭くアワセを入れよう。引き味を楽しみながら足元まで寄せたら、魚は抜き上げずにネットでキャッチしよう。できるだけ早く水に返すのがこの釣りのマナーだ。

ルアー釣りに必要な道具

ルアー釣りに必要な道具
ルアー釣りに必要な道具

管理釣り場では魚が泳ぐ姿や周りの風景を見ながら釣りを楽しめる。また、足場がよくトイレも完備しているのでファミリーにもおすすめ。

ルアー釣りに必要な道具

取り込みは必ずネットを使って行うこと

ルアーのスプーン

ルアーのスプーンはさまざまなカラーや大きさのものを準備しておくとよい。ハリはカエシをペンチなどでつぶすか、バーブレスフックを使おう。

関連記事

RELATED COLUMN

弊社では、お客様が常に快適にウェブサイトをご覧いただけるようCookieを使用しています。

 ”同意します”ボタンをクリックすることによって、弊社のポリシーに従ったCookieの使用に同意されたものと見なします。弊社のCookieの使用方法に関して詳しくは、 こちらをお読みください。