マダコの特徴と釣り方

マダコ
  • 分類/八腕目マダコ科マダコ亜科マダコ属
  • 別名/タコ、マタコ
  • 季節/春・夏・秋

沿岸の岩礁帯や砂れき帯に生息し、カニやエビなどの甲殻類、貝類を捕食する。夜行性で日中は岩穴などに隠れていることが多い。最大で3kg以上になる。

目次

釣り方
エギング

釣り場/堤防・岸壁

タコ専用エギを使ったエギングは、波止や護岸から手軽に楽しめるので、若い人たちを中心に人気がある。タックルは手持ちのエギングロッドを代用できる。海底付近を中心に狙うため、リーダーは根ズレに強いフロロカーボンの12~16lb(3~4号)を使用する。


釣り方は、エギをキャストしたら着底するまで待つ。着底後は竿先を軽くあおってエギを跳ね上げ、ラインを張ったまま落とす。これを繰り返して手前まで引いて誘う。ずる引きでも釣れるが、根掛かりが多くなるので効率が悪い。


アタリはゴミが引っ掛かったような感じで重くなる。違和感を抱いたら大きくアワセを入れてみよう。ハリに掛かったら、障害物に張りつかれないように一気に浮かせて取り込もう。

地域によってはマダコの禁漁期間が決められているので注意しよう。

エギングに必要な道具

エギングに必要な道具
エギングに必要な道具

釣り方
テンヤ釣り

釣り場/堤防・岸壁

テンヤ釣りでは基本的に波止や護岸の際を狙う。とくに石積みがある場所が好ポイント。際だけでなく、少し沖目に岩礁帯などがあればチェックしよう。


タックルは、マダコ専用竿に両軸リールをセットする。ラインは丈夫な手釣り糸が安心。タコテンヤのオモリは20~30号。テンヤには模造ガニを付ける。昔ながらの手釣りで狙ってもよい。


波止際へ仕掛けを投入し、底まで沈めてタコテンヤを上下に動かしながら誘う。アタリがなければ、潮上から潮下へ少しずつ移動しよう。アタリはわかりづらいので見極めが難しい。ビニール袋を引っ掛けたような重みを感じたら、大きくアワセを入れてみよう。ラインを張ったときにグーッと引っ張られたらマダコが掛かっている可能性が高い。ためらわずリールをゴリ巻きして、一気に浮かせよう。

関連記事

RELATED COLUMN

弊社では、お客様が常に快適にウェブサイトをご覧いただけるようCookieを使用しています。

 ”同意します”ボタンをクリックすることによって、弊社のポリシーに従ったCookieの使用に同意されたものと見なします。弊社のCookieの使用方法に関して詳しくは、 こちらをお読みください。