トップページ >  CONTENT >  釣り初心者向けコンテンツ >  STEP1 今釣れる魚から決める >  オイカワの特徴と釣り方

オイカワの特徴と釣り方

オイカワ
  • 分類/コイ目コイ科クセノキプリス亜科
  • 別名/ハヤ、シラハエ、ヤマベなど
  • 季節/春・夏・秋・冬

北陸、関東以西の本州各地、四国、九州に生息。河川の中流から下流にかけて、湖沼に多く、ほぼ周年釣ることができる。5~8月が繁殖期で、オスの体側には鮮やかな婚姻色が現れる。

目次

釣り方
ウキ釣り

身近な用水路などから手軽に狙えるので、釣り入門にぴったり。タックルもノベ竿にウキ釣り仕掛けをセットするだけなので、準備するものが比較的少ない。エサは専用の練りエサがおすすめだが、活きエサのサシも実績がある。


ハヤ釣りの場合、効率よく数釣りを楽しみたいときはマキエを使うとよい。ハヤ専用のマキエがあるので、それをダンゴ状に握ってポイントへ投入する。しばらくしたらハヤが寄ってくるので、そこへ仕掛けを入れて釣っていく。喰いが悪くなったら、同じようにマキエを入れて狙おう。


ハヤは基本的に底狙いなので、底から5cmぐらい上のタナで調整する。アタリは小さいので、ウキが少しでも沈んだらすぐにアワセを入れよう。ハリ掛かりしないケースはハリを小さくすると有効なときがある。

ウキ釣りに必要な道具

ウキ釣りに必要な道具
ウキ釣りに必要な道具

初心者はウキとハリがセットになっているものが使いやすい

ウキ釣りに必要な道具

喰いが悪いときは専用のマキエが有効

ウキ釣りに必要な道具

活きエサで実績があるのがサシ。赤と白があるが、喰いはさほど変わらない

ウキ釣りに必要な道具

チューブタイプの練りエサは、手を汚さずに簡単にハリへ付けられる

ウキ釣りに必要な道具

ハリは袖バリの2~2.5号がおすすめ

関連記事

RELATED COLUMN

弊社では、お客様が常に快適にウェブサイトをご覧いただけるようCookieを使用しています。

 ”同意します”ボタンをクリックすることによって、弊社のポリシーに従ったCookieの使用に同意されたものと見なします。弊社のCookieの使用方法に関して詳しくは、 こちらをお読みください。