トップページ >  CONTENT >  釣種から探す >  TROUT MEETING >  2日目。巨大ブラウンの川(2/5)

2024/05/02

コラム

2日目。巨大ブラウンの川(2/5)

2日目。巨大ブラウンの川

こんにちは、入社6年目 “旅するフライマンY” です。
前回に続き、釣具部門の大先輩とトラウトフィッシングのメッカ ニュージーランドを旅してきた時の様子を紹介します。
今回は、大型ブラウンで世界屈指とも言える河川で釣行してきた時の様子です。

魚たちは大型。しかし神経質で手強い。

ニュージーランドのサウスランド地方には、透き通る水の中、ドライフライのサイトフィッシングで大型のブラウンが狙える世界屈指の河川がある。

世界各国のトラウトジャンキーたちがこの川を訪れる。
少し歩けば、いくつもの巨大な魚影が走っていくのが見えるし、釣れる魚はどれも他の川の魚と比べてとにかく太い。

ただ例にもれず、どの魚も神経質で手強い。本当に刺激的な川だ。

巨大ブラウンの川。タソックの草原を蛇行しながら流れる。

巨大ブラウンの川。タソックの草原を蛇行しながら流れる。

サングラスの選択と

その日はやや曇天だったので、なかなか水中が見づらい状況であったが昨年発売した新色のラスターオレンジが活躍した。

色が明るいので水中に沈んだ魚のシルエットを掴みやすい。
やや水が緑味が強く、暗い時や陰っているときはどうしてもイーズグリーンでは水中が見えづらいときがあるので、サイトフィッシングには絶対に外せない一本だ。

曇天と魚との距離感が合わない時間が続いたが、風が止んだ一瞬のタイミングで見つけた魚を何とか釣ることができた。

定位した魚影の上流を狙ってドライフライをキャストすると、大きな三角頭が水面を割って…「ガッッポン!」音を立てて飲み込んだ!

6番ロッドが華奢に感じながら、数分のファイトののちに大きな魚体がネットに収まった。65cmの立派なブラウン。条件が悪い中、会心の一匹だった。

この日はラスターオレンジのレンズカラーをしたサングラスを選択。曇天のなか水中の情報をわかりやすく伝えてくれた。

この日はラスターオレンジのレンズカラーをしたサングラスを選択。曇天のなか水中の情報をわかりやすく伝えてくれた。

爆風・ローライトの中、会心の一匹。
爆風・ローライトの中、会心の一匹。

タックル&装備

ロッド:Gloomis Asquith Global 9ft 6番/Gloomis NRX+ 9ft 4番
リール:5/6番サイズのフライリール
ライン:WF-6番
リーダー:3X-15ft
ティペット:5~6X-3ftほど
フライ:カディス、パラシュート 6~10番

サングラス:STL101マットスモークグレー/ラスターオレンジ、イーズグリーン
ウェーダー:DS+4 ストレッチウェーダー ソックス
バッグ:バーサタイルサコッシュ

次回 : 4日目。歩いたその先はパラダイス(3/5)

この記事をシェアする:

この記事で使用している製品

STL101マットスモークグレー/ラスターオレンジ、イーズグリーン
サングラス
STL101マットスモークグレー/ラスターオレンジ、イーズグリーン
DS+4 ストレッチウェーダー ソックス
ウェーダー
DS+4 ストレッチウェーダー ソックス
バーサタイルサコッシュ

バッグ

バーサタイルサコッシュ
Trout Collection 2024

関連記事

RELATED COLUMN

弊社では、お客様が常に快適にウェブサイトをご覧いただけるようCookieを使用しています。

 ”同意します”ボタンをクリックすることによって、弊社のポリシーに従ったCookieの使用に同意されたものと見なします。弊社のCookieの使用方法に関して詳しくは、 こちらをお読みください。