弊社では、お客様が常に快適にウェブサイトをご覧いただけるようCookieを使用しています。

 ”同意します”ボタンをクリックすることによって、弊社のポリシーに従ったCookieの使用に同意されたものと見なします。弊社のCookieの使用方法に関して詳しくは、 こちらをお読みください。

弊社では、お客様が常に快適にウェブサイトをご覧いただけるようCookieを使用しています。

 ”同意します”ボタンをクリックすることによって、弊社のポリシーに従ったCookieの使用に同意されたものと見なします。弊社のCookieの使用方法に関して詳しくは、 こちらをお読みください。

リミテッド プロ VS[LIMITED PRO VS]

OFF

https://dassets2.shimano.com/content/dam/Shimanofish/Common/Productsrelated/cg2SHIFGlobalROD/cg3SHIFGlobalRODCommonRod/SICPlanningProducts/Product/PRD_a075F00003vqm9hQAA_main.jpg/jcr:content/renditions/cq5dam.web.481.481.jpeg

23リミテッド プロ VS

https://dassets2.shimano.com/content/dam/Shimanofish/Common/Productsrelated/cg2SHIFGlobalROD/cg3SHIFGlobalRODCommonRod/SICPlanningProducts/Product/PRD_a075F00003vqm9hQAA_other01.jpg/jcr:content/renditions/cq5dam.web.481.481.jpeg

23リミテッド プロ VS

https://dassets2.shimano.com/content/dam/Shimanofish/Common/Productsrelated/cg2SHIFGlobalROD/cg3SHIFGlobalRODCommonRod/SICPlanningProducts/Product/PRD_a075F00003vqm9hQAA_other02.jpg/jcr:content/renditions/cq5dam.web.481.481.jpeg

23リミテッド プロ VS

https://dassets2.shimano.com/content/dam/Shimanofish/Common/Productsrelated/cg2SHIFGlobalROD/cg3SHIFGlobalRODCommonRod/SICPlanningProducts/Product/PRD_a075F00003vqm9hQAA_other03.jpg/jcr:content/renditions/cq5dam.web.481.481.jpeg

23リミテッド プロ VS
23リミテッド プロ VS
23リミテッド プロ VS
23リミテッド プロ VS
23リミテッド プロ VS

リミテッド プロ VS

370,000円~ 395,000円 (税別)
スパイラルXコア
ナノピッチ
パラボラチューン/パラボラチューンR/パラボラチューンR+
ハイパワーXティップ
エキサイトトップII
エキサイトトップ
タフテック∞(インフィニティ)
Gクロスプロテクター
回転式「超感」トップ
しっとりグリップ

伝統の粘りにシャープさをプラス。さらなる進化を遂げたVS調子。

シマノ鮎ロッドの中心的役割を担うオールラウンダー。粘りを重視しつつも胴ブレを抑え、シャープネスと感度を徹底的に磨き上げ、立て竿系のテクニカルな釣りからオモリを駆使した引き釣り、あらゆる操作に高精度に対応。3本の穂先を備えたパワーセレクトシステムを採用し、シーズン初期から後期まで様々なシーンに活躍。

KEY FEATURE キーフィーチャー

タフさと粘りはそのままに 持ち軽さとシャープネスを高める

リミテッドプロVSを形容するとオールラウンダーロッドの最高峰である。

1本で幅広いシチュエーションを釣りこなせる

対応力と安心感は細身肉厚設計による。

3代目となる本作はブレを抑え軽くシャープに磨き上げた。

細身肉厚設計の泣き所はすでに過去のものとなった

VSという竿をひとことで表すなら、使いどころを選ばないオールラウンダーといえるだろう。クセのない調子。シーズン初期の若鮎から後期の良型まで釣りこなせる対応力。そして何より、誰でも安心して使えるタフさ。これらを高水準で満たすため、歴代のVSは一貫して細身肉厚設計を採用してきた。筋肉質のブランクスが絞り出す粘り、そして負荷に応じて自然に曲がり込む素直な調子は、VSの象徴ともいえるものであった。

だが、細身肉厚の竿には、一般的に持ち重りやブレやすいといった側面がある。しかしこの肉厚があるからこそ、豊かな粘りとタフさを得られるのである。軽量アイテムが揃うリミテッドプロにあって、VSだけに一定のモーメントウェイトを許容してきた理由はこの点にある。

「近年は8m、8.5mといった短竿の人気が高まりつつあります。これは軽さや感度を重視する釣り人が増えてきた表れだと思うんですよね。丈夫さや粘りはVSの長所ですが、これに持ち軽さとシャープさをプラスすることはできないか。これが3代目となるリミテッドプロVSに求めたものです」

8.5mの開発に携わった小沢聡はこう語る。「誰でも安心して使えるオールラウンドロッドに一定の重量は必要」と考えていた小沢に変化をもたらしたのは、2022年にデビューした『スペシャルバーサトル』である。

「この竿はパラボラチューンの精度を高めるなど設計手法を大きく変えたと聞いています。その結果、従来の細身肉厚の粘りとパワーを維持しつつ、軽さとシャープネスが飛躍的に向上したんです。これをリミテッドプロでやったらどうなるだろう。こう考えたら身震いしましたね(笑)」

 

持ってすぐにわかる軽量感操作時のレスポンスが違う

もともと粘りとパワーには定評があるVSに、軽さとシャープさが加わった。小沢はファーストプロトを持ってすぐに違いを感じたという。

「細身肉厚独特のゴツさが消えて実に軽快です。無駄なブレが少なくて持ち重りもしません。ストレスをまったく感じませんね」

9mの開発に携わった島啓悟も、あらたなVSの調子を絶賛する。

「僕のようにベタ竿から立て竿まで広く角度を使う釣りだと、持ち重りする竿では操作がもたついてしまうんです。しかし新しいリミテッドプロVSは、細かい操作に対して穂先がレスポンスよく付いてくるんです。送り出す、引く、止める。全てが高精度に操作ができます。でも曲がったときの粘りは、やはりVSなんですよね」

浅いポイントでの数釣りは軽快に、深く立ち込んでの良型狙いではパワフルに。粘りとシャープさが融合した3代目リミテッドプロVSは、オールラウンダーの意味合いを根底から覆すほどの進化を遂げた。シマノ鮎ロッドのセンターポジションも、当分の間は不動であろう。

 

どこにも隙がない オールラウンダーを目指して

対 談=小沢 聡×島 啓悟×小澤 剛

3本の穂先×3つのレングス  VSはあらたなる領域へ

小沢聡(以下、聡)/リミテッドプロVSもいよいよ3代目。初代は3本の穂先が付いたパワーセレクトシステムを搭載して話題になりました。

小澤剛(以下、剛)/あれは好評だったね。

島啓悟(以下、島)/穂先を選ぶことでいろんな釣りができるのが特長でしたよね。

聡/パワーセレクトシステムによって、よりオールラウンドに使えるという点が評価されたのかなと思いますね。VSはシマノの鮎竿キャラクターのなかでもセンターに位置する竿。リミテッドプロのモデルとしては3代目になります。僕ら3人でじっくりテストしてきたんだけれども、島君は使ってみてどうだった?

島/歴代のVSは、オールラウンドに使える竿であること、そして使いやすい竿であることを優先して、必要以上に軽くしてこなかったという経緯があります。細身肉厚で安心して使える竿ではあったものの、やはりほかのリミテッドプロに比べると持ち重りはしたんですね。今回のVSで僕は9mを担当したのですが、粘りのあるVSらしさはそのままに、かなり持ち重りが軽減されたなという印象ですね。

剛/僕も持たせてもらったけど、かなりシャンとしとったね。

島/今回はアイテム数も増えているんですよね?

聡/3種類ですね。島君が担当した9m、僕が8.5m、剛が8mを担当しました。もちろん今回もパワーセレクトシステムが採用されとるね。

島/3つの長さを選べて、さらに3つの穂先を選べるって、本当に申し分ないラインナップですよね(笑)。

剛/まさに隙がない(笑)。よほど魚が大きくないかぎりは、これ1本でどこでもやれちゃう感じですね。

 

粘りとシャープネスの融合  その進化はより広く、より深く

島/9mをテストしておいて何だけれども、個人的には8.5mが気になってるんですよね(笑)。

聡/8.5mと8mは、リミテッドプロVSとしては初めての設定になるのかな。個人的にVSという竿は調子とパワーを重視しとって、多少重くてもよしと考えていたんです。ところがテストしてみてまず感じたのは、とにかく軽いということ。ここまで軽くしてパワーは大丈夫なのかなと思ったんだけども、充分以上のパワーがある。

島/昨年発売になった『スペシャルバーサトル』の8.5mも、かなり出来がよかったと思いますが……(笑)。

聡/今回リミテッドプロVSを開発するにあたり、スペシャルバーサトルを超えられるのかなと思ったのですが、そこはやはりリミテッドプロです。軽さに加えてパワー面でも、最高峰と呼ぶにふさわしい仕上がりです(笑)。

島/VSのように細身肉厚で、曲げることによってパワーを出す竿って、どうしてもドワつく、ブレる部分ってあるじゃないですか。僕が担当する9mは長さの分だけブレやすいおそれがありましたが、この3代目はシャンとしていてブレの収束が早い。胴ブレが少ないから風にも強く、高い集中力を維持したままオトリが操作しやすいんですよ。だけど、掛けてからはグーッと曲がり込んで粘る。曲げることによってパワーを出すバーサトル調子が、きちんと感じられるんですよね。実に良い感じに仕上がったんじゃないかなと思います。

聡/今回はリミテッドプロVSのテストに剛が初めて参加して、いきなり8mという短竿だったわけだけれども(笑)、使ってみてどうだった?

剛/リミテッドプロVSをさらに進化させるにあたって、VSの持ち味である粘りとシャープ感の融合が大きなテーマだったと思います。ただ僕が担当した8mは短いぶんシャープさや軽さは充分に得られているので、その部分を考える必要はなかった。では何を意識したかというと、短いレングスのなかでしっかり曲がって粘りを出すこと。ジワッと曲がってオトリを引きやすく、掛かってからは胴が突っ張らない。そんな竿を目指しました。

島/9mとはまた違った観点からのチューンだね。

剛/取り回しがよく細かい操作がしやすいこと、そして感度が良いことは短竿の特権ですから、そこに粘りと安心感をいかにしてプラスしていくか、ということですね。完成したリミテッドプロVSの8mは、とにかくよく粘る。オトリを引きやすい。そして良型にも対応できる。この仕上がりには満足しています。

島/9mと8.5mはH2.75だけれども、8mはH2.6なんですね。

剛/実のところ僕はあんまり硬さというのは意識していなくて、オトリの引きやすさや扱いやすさを詰めていった結果としてH2.6になったというところですね。でもH2.6とはいえパワーを持たせているから、引いてもためても不足は感じないと思いますよ。

島/ちなみに3本の穂先でどのくらいのパワー域をカバーできるんですか?

聡/8.5mと9mの場合、標準穂先はH2.75で、パワー穂先はH2.9。ソリッド穂先はH2.75だけれども、標準穂先とは異なったアプローチができるね。

剛/8mは、標準穂先とソリッド穂先がH2.6、パワー穂先だとH2.75です。シーズン初期の釣りごろサイズから後期の25cmクラスまで、幅広く使えると思いますよ。

聡/アイテム数も増えて、オールラウンダーにさらなる磨きかかったね。最高峰の粘りとシャープさを多くの人に体感していただきたいです。

IMPRESSION インプレッション

小沢 聡 SATOSHI OZAWA

「トルク感と軽快感のある8.5m替穂先にも注目してください」

9mが鮎竿のスタンダードな長さとして定着して久しいが、近年はやや短めの竿に主流がシフトする傾向にある。竿は短いほど軽く、操作性にも優れる。より緻密なオトリ操作が求められる昨今の友釣りにおいて、シニア世代はもちろん、若い釣り人からも短竿を支持する声が少なくない。このような時代の流れを受け、リミテッドプロVSにも満を持してミディアムショートの8.5mが加わった。

「九頭竜川や長良川中央管区など、川幅があって底がフラットな河川では9mを使いますが、普段よく竿を出す巴川や矢作川、長良川の郡上地区、白川あたりでは8.5mをメインに使っています。最近ではこのくらいの長さの竿が平均的な鮎釣り河川の規模に合っとるんじゃないかと思うほどですね」

こう話すのは、リミテッドプロVS85の開発を担当した小沢聡である。リミテッドプロVS初となる8.5mを開発するにあたり、小沢は「軽さ」「感度」「操作性」の3点にこだわったという。

「竿の粘りとしっかりした安心感はVSの伝統とも呼べます。適度な重量感も、良い意味でトルクフルな調子を表していました。しかし短竿を手に取る人は軽快感を求めているわけで、持ったときにゴツく感じるようでは8.5mにした意味がないんです。なので、テストではいかにして体感的な軽さと操作性を高めるかを意識しました。その甲斐があって、初代VSから継承されてきたトルク感にシャープさがプラスされた絶妙な調子に仕上がりました。ブレもグッと抑えられているし、持っていてまったくストレスを感じませんね」

もうひとつ小沢聡が高く評価しているのが、3本の穂先を備えたパワーセレクトシステムである。

「標準チューブラー、パワータイプチューブラー、そしてソリッドと3本の穂先が付属していて、1本の竿でオールシーズン対応できるのがいいですね。なかでも注目しているのがソリッド。近年は強い流れをソリッド穂先で攻める攻撃的な釣りが脚光を浴びています。チューブラーとソリッドを併用することで、これまでとは違った攻めを見出せそうな気がしますね」

感度や取り回しの良さだけにとどまらず、より戦術的な85ロッド使いへ。リミテッドプロVSが、85ロッドのあらたな時代を切り拓く。

 

島 啓悟 KEIGO SHIMA

「竿を立てても寝かせても穂先がもたつかない!」

これまではなかった短尺アイテムが加わったリミテッドプロVS。そのなかにあって、9mはラインナップ中で最も王道的なレングスといえる。9mの開発には島啓悟が携わった。

「8m、8.5mに対し、9mはリミテッドプロVSで唯一の正常進化したアイテムといえますが、歴代のVSと比べると使用感はまったくの別モノですね。VSの基本コンセプトである豊かな粘りを継承しつつも、とにかくシャキッとしていて先重りがなく、シャープさにさらなる磨きが掛かった印象です。竿の角度を変えたときに穂先がもたつかずスッと付いてくるので、より繊細なアプローチが可能になりました」

島といえばRSソリッドの使い手であり、繊細なゼロテンション管理で名を馳せた人である。

「もちろんRSは手放せない竿ですが、例えば水量のある河川で鮎のサイズが大きいときなど、ソリッドの繊細な釣りだけでは対応できない場面もあります。完全な大鮎狙いならTF(トリプルフォース)を使いますが、RSの繊細な釣りとTFのパワフルな釣りの間をつなぐ竿が必要なんです」

いろんな状況に対して即座にアジャストできるうえで、安心してタメられるタフさと粘りを兼ね備えた竿。これこそが島が考えるオールラウンドロッドであるが、いくら守備範囲が広くパワーがあっても、ダルい調子では繊細な操作は不可能であるし、何より一日振ると疲れてしまう。開発においては、粘りに富んだ細身肉厚でありながら持ち重りとブレを抑えたシャープな調子にこだわった。

細身肉厚のウィークポイントを払拭し、細身肉厚のメリットだけを引き出した新生リミテッドプロVS。その仕上がりには島も太鼓判を押す。

「レスポンスよくオトリを操作できる一方で、掛けると自然な曲がりの中に力強さがあります。浅いポイントで竿先を使った細やかな釣りもストレスなくこなせるし、水深があって一歩も動けない場所での力勝負でも無理がきく。3本の穂先を使い分ければ、何本も竿を持ち歩かず、リミテッドプロVS1本でオールシーズンいけるんじゃないでしょうか。これぞオールラウンダーといった感じですね」

 

小澤 剛 TSUYOSHI OZAWA

「短竿ながら突っ張らず全体が曲がって粘るんです」

「これまでも歴代のVSを使ってきて、細身肉厚で粘り強いという軸は変えたくなかった。それは短竿であっても同じです。競技のテクニカルな釣りにも対応するけれど、竿全体が粘ってくれるしっかりした竿。かつしなやかでオトリを引きやすい竿。この二点には徹底してこだわりましたね」

リミテッドプロVSの開発には初めて参加する小澤剛。担当したのはラインナップ中最短のアイテムである8mである。

「多くの竿が目指す軽さや感度については、8mまで短くしたことで自然に達成します。僕が8mで最も重視したのは粘りとしなやかさです。9mより1mも短いなかで同等のパワーを引き出すとなると、どうしても全体を硬くせざるをえない。単純に硬いだけの竿は突っ張り感が強く、オトリを引きにくいばかりか、魚を掛けたときにのされやすいんです。VSの真骨頂は、曲げるほどに絞り出されるパワーと粘りです。ここだけは譲れませんでした」

硬くせず、粘らせる。この難題に真っ向から立ち向かい、やっとのことでベストなバランスに辿り着いた。硬さ的にはH2.6と、8.5mや9mのH2.75よりワンランク軟らかいが、これはあくまで最良の調子を求めた結果であり、掛けてからはスペック以上のパワーと粘りを発揮する。

「水量や水深があって動きが制限される場所などで、多少ラフなやり取りを強いられるときに頼れるのがVSという竿なんです。思い切ってタメられるという信頼があると、やり取り自体も変わってきますよね」

突っ張り感を抑えたマイルドな調子でありながら、掛かればしっかりと粘る。ショートロッドであっても、伝統のVSアクションは健在である。

近年では川幅のある大河川でも短竿を愛用する釣り人が増えた。

「とくに風が強いときは楽ですね。僕も強風下の九頭竜川で8mをよく使います。多くの人が短竿は渓流相や小河川用と思っているかもしれませんが、リミテッドプロVSの80はそうじゃない。短竿は射程範囲が狭く、遠くを攻められないといわれます。もちろんこれは正しいのですが、竿抜けは何も遠いポイントとは限りません。9mでは攻めにくい手前に鮎が残っていることもあるんです。むしろ、竿が短いことによって細かいオトリ操作ができて、これが功を奏する場面もありますからね。『釣れないときこそ他人とは違う攻めを』が僕の身上。短竿はその中の心強い選択のひとつです」

FEATURE 特徴

SPIRALXCORE_RD
スパイラルXコア

高強度素材の採用で進化した、次世代の基本構造。

シマノ独自の設計・製造方法により、曲げ、ネジレ、つぶれなど、あらゆる方向に対して、さらなる高強度化を徹底追求。ロッド性能を根幹から高めるシマノ独自の基本構造スパイラルXに、ナノアロイ®テクノロジーにより実現した高強度樹脂を用いたカーボンテープを使用。選りすぐりの素材でさらなる高強度化を実現しました。一般的な構造との比較で、ネジリ強度1.4倍、つぶれ強度2.5倍を達成(当社比)。さらにスパイラルXとの比較でも、ネジリ強度10%アップ、つぶれ強度15%アップを達成(当社比)しました。

※ ナノアロイ®は東レ(株)の登録商標です。


NANOPITCH_RD
ナノピッチ

ブランクスを焼き上げる工程で使用する成型テープのラッピングを極めて細かいピッチで施す方法。ブランクスが、より均一な圧力で締め上げられるため、高強度化に大きく貢献しています。その細やかなピッチは、上質感のある外観デザインを描きます。


PARABOLATUNE_RD
パラボラチューン/パラボラチューンR/パラボラチューンR+

パラボラチューンはスムーズな調子を実現するために、各節の合わせ部分を見直し、強度を維持したうえで剛性の段差を排除。ワンピースロッドに匹敵する滑らかな調子とパワーを引き出すことに成功。また、磯ロッド専用に開発したバージョンとして、ロッド全体がスムーズに曲がるように各継部のブランクスの肉厚を最適化したパラボラチューンR、継部だけでなく前後の節のテーパー関係を見直し、より滑らかな曲がりの支点移動を可能にしたパラボラチューンR+が存在しています。


HI-POWERXTIP_RD
ハイパワーXティップ

細くてネジレが生じやすい磯竿、鮎竿、へら竿などの細物穂先は構造的にスパイラルXが使用できません。そこで開発されたのが「ハイパワーXティップ」。穂先のネジレに対する剛性が大きく向上しました。


EXCITETOP2_RD
エキサイトトップII

エキサイトトップをさらに進化させたエキサイトトップⅡ。鮎ロッドの穂先としては採用できないほどの超高弾性材料で作り上げたシマノオリジナルソリッドを、チューブラー穂先の先端に封入した構造です。


EXCITETOP_RD
エキサイトトップ

穂先に特殊設計を行うことにより、目で見る感度、手に伝わる感度が大きく向上しました。今まで得られることが出来なかった感度を得ることにより、魚に対してのアプローチが大きく変わります。


TAFTECINFINITY_RD
タフテック∞(インフィニティ)

新開発、タフテック∞は一般的なソリッドに対して巻き込み強度3倍、巻き込み量5倍を実現(当社比)。強いタフテックαを凌ぐ高強度ソリッド穂先です。


GCROSSPROTECTOR_RD
Gクロスプロテクター

節の継ぎ目はやりとり中にもっとも負担が集中する部分。Gクロスプロテクターは破損のリスクを大幅に軽減するとともに、玉口部分に精悍なルックスを与えます。


KAITENSHIKI_RD
回転式「超感」トップ

直接穂先に結びつけた天上糸を滑らせるとともにトップ自らも回転して糸ガラミを激減。繊細な穂先とほぼ同じ細さで、竿先が鈎先になったような感覚の感度を発揮します。(鮎竿、渓流竿に採用)


SHITTORIGRIP_RD
しっとりグリップ

グリップ性に優れ、濡れても滑りにくく、理想の操作をサポート。高いグリップ力でありながら必要最小限の塗装膜なので、軽さや感度にも貢献しています。


IDV_FEATURE_a075F00003vqm9hQAA_01
Gクロスプロテクター

節の継ぎ目はやりとり中にもっとも負担が集中する部分。Gクロスプロテクターは破損のリスクを大幅に軽減するとともに、玉口部分に精悍なルックスを与えます。


IDV_FEATURE_a075F00003vqm9hQAA_02
メタルトップ口栓

レーザー彫刻入り


IDV_FEATURE_a075F00003vqm9hQAA_03
バッジ付尻栓

IDV_FEATURE_a075F00003vqm9hQAA_04
穂先

LINEUP ラインナップ

SPECIFICATION スペック表

品番

全長(m)

H表示

継数(本)

仕舞寸法(cm)

自重(g)

先径(mm)

元径(mm)

適合オモリ(号)

適合水中糸(ナイロン・号)

適合水中糸(メタル・号)

カーボン含有率(%)

本体価格(円)

商品コード

80 8.00 (7.90) H2.6 (H2.75) 7 136.5 185 1.6 (1.9)〔0.7〕 22.5 0~4 (0~8)〔0~2〕 0.1~0.8 0.04~0.25 99.4

370,000円

324801 *
85 8.50 (8.40) H2.75 (H2.9) 7 142.5 202 1.7 (2.0)〔0.7〕 24.3 0~4 (0~8)〔0~2〕 0.15~1 0.05~0.25 99.4

385,000円

327628 *
90 9.00 (8.90) H2.75 (H2.9) 8 136.5 232 1.7 (2.0)〔0.7〕 25.8 0~4 (0~8)〔0~2〕 0.15~1 0.05~0.25 99.5

395,000円

327635 *

※( )内はパワータイプチューブラー穂先、〔 〕内はソリッドタイプ穂先の仕様です。
※元径は後端から100mmの外径を表示しています。