弊社では、お客様が常に快適にウェブサイトをご覧いただけるようCookieを使用しています。

 ”同意します”ボタンをクリックすることによって、弊社のポリシーに従ったCookieの使用に同意されたものと見なします。弊社のCookieの使用方法に関して詳しくは、 こちらをお読みください。

弊社では、お客様が常に快適にウェブサイトをご覧いただけるようCookieを使用しています。

 ”同意します”ボタンをクリックすることによって、弊社のポリシーに従ったCookieの使用に同意されたものと見なします。弊社のCookieの使用方法に関して詳しくは、 こちらをお読みください。

スペシャル トリプルフォース NV

OFF

https://dassets2.shimano.com/content/dam/Shimanofish/Common/Productsrelated/cg2SHIFGlobalROD/cg3SHIFGlobalRODCommonRod/SICPlanningProducts/Product/PRD_a075F00003c5FfPQAU_main.jpg/jcr:content/renditions/cq5dam.web.481.481.jpeg

スペシャル トリプルフォース NV

https://dassets2.shimano.com/content/dam/Shimanofish/Common/Productsrelated/cg2SHIFGlobalROD/cg3SHIFGlobalRODCommonRod/SICPlanningProducts/Product/PRD_a075F00003c5FfPQAU_other01.jpg/jcr:content/renditions/cq5dam.web.481.481.jpeg

スペシャル トリプルフォース NV
スペシャル トリプルフォース NV
スペシャル トリプルフォース NV

スペシャル トリプルフォース NV

273,000円~ 293,000円 (税別)
スパイラルXコア
ナノピッチ
パラボラチューン/パラボラチューンR/パラボラチューンR+
ハイパワーXティップ
エキサイトトップII
エキサイトトップ
タフテック∞(インフィニティ)
Gクロスプロテクター
回転式「超感」トップ
しっとりグリップ

さらなるパワー・感度・対応力で入れ掛かる革新パワーロッド

ライト瀬釣りで無双の威力【早瀬V】、近年人気の85レングス【急瀬S】、「掛ける」操作性を研ぎ澄ました【急瀬T】、タメが利きベタ流れにも強い王道調子【急瀬G】、シリーズ最強【急瀬GH】、流れと良型魚を意のままにあしらう新たな瀬竿超越パワーロッド。

CONCEPT MOVIE コンセプトムービー

申し訳ございません。Cookie利用への同意がないため、本機能を含めた一部機能の利用を制限しております。全ての機能を有効にするには、Cookie同意バーの"同意します"ボタンをクリックしてください。

【2021年新製品 鮎トークショー】21スペシャルトリプルフォース / 坂本禎、島啓悟、小澤剛【シマノオンラインフィッシングショー】

 

申し訳ございません。Cookie利用への同意がないため、本機能を含めた一部機能の利用を制限しております。全ての機能を有効にするには、Cookie同意バーの"同意します"ボタンをクリックしてください。

2021年 鮎入れ掛かりMOVIE スペシャルトリプルフォース

KEY FEATURE キーフィーチャー

瀬竿超越パワーロッド 大胆不敵の王道進化。

先代モデルの長所継承   個性見極めさらなる進化

「今回のモデルはご好評をいただいた先代17年モデルの長所を継承しながら、さらに細部を適宜調整し進化を遂げていますが、前作同様、最適な一竿を手にする基準は『先調子系、胴調子系、どちらがあなたの釣りに合いますか?』ということです。

たとえば急瀬には先調子のTと胴調子のGがあり、同じ急瀬90という主軸となるスペックでも、より釣り方にマッチしたアクションを選ぶことが可能。そして今回はさらに個性を強調して、GとTの使用感の差がより明確に感じられる仕上がりになっています。Gは、胴調子でちょっと細身のブランクスから『湧き上がるパワー』を感じられるセッティング。逆にTは急流でより細かい操作を行える先調子感をさらに強調するために仕舞寸法を長くし、先端部を短尺設計に変更。両モデルともスパイラルXコアでさらなる安心感を与えると同時にエキサイトトップⅡで従来にない感度も融合させ、前作の良さや使用感を損なうことなく新たに進化したアクションを表現しています。

また、今回、穂先が3本になったことも見逃せません。新たに購入したお客様の声をうかがうと『やはり解禁から使いたくなる。盛期まで待てません!』という意見が非常に多い(笑)。こうしたご要望に応えるのがソリッド穂先です。今まで別売替穂を使用していた方もおられましたが、単なる別売替穂はそのロッド専用にチューニングされていないため極論するとロッド性能をフルに発揮させることができません。その点、今回新たに用意されたソリッドは専用開発品なのでロッドポテンシャルを十二分に引き出すことが可能です」

 

新たな威力を追求した王道ラインナップ

「【早瀬V】は前作同様【急瀬T】と同じようにパラボラチューンなしの設計を採用し、さらに節の寸法を見直すことで手にした時にシャンと感じられる先調子気味のアクションを表現しています。とはいえ、H2.75なので掛かれば竿全体がしっかり曲がり込むので安心して使えます。【早瀬V】=『バーサタイル』の名のとおりソリッド穂先で解禁から使え、パワー穂先でH2.9にすれば24~25㎝も射程圏にとらえます。全国どこの河川でも活躍する場面が必ずありますね。

一方、すでに【急瀬G】を手にしている方が注目するのが【急瀬GH】でしょう。たとえば20年の九頭竜川の終盤は大鮎ラッシュで【急瀬G】だと正直しんどい場面も。そんな状況下でもH3.5あれば26~27㎝に対応可能。ちなみにアドバンフォース急瀬もH3.5ですが、返し抜き主体ならアドバンフォース。キャッチング主体で、たまに返す程度であればトリプルフォース【急瀬GH】。これは明確に調子が違います。胴調子のパワー系ですがアドバンフォースよりトリプルフォースのほうが先調子設計でより持ち軽く、感度が良く、軽量オモリでも穂先が暴れません。

そして実はダークホースが【急瀬S85】ではないかと考えます。というのも、昨今鮎ロッドのなかで85が定番化しつつあるように感じるからです。90に迫るポイント攻略能力がありながら、より楽に軽快に楽しめるメリットは計り知れません。また85を7本継設計にしたのはタメやすさを生み出すため。実は今回の設計ではプロセレクトTF【急瀬85】を作ったノウハウをあますところなく活用することができ、さらにタメやすくノサれないアクションを表現しています。また、7本継による感度低下をエキサイトトップⅡで補うことで非常に良好なロッドバランスに仕上がりました。先代モデルから最も調子が変貌しているのがこのロッドです。そんな意味でも見逃せないダークホース的な存在といえるでしょう」

IMPRESSION インプレッション

無双の入れ掛かりを手にする ライト瀬釣りの覇者

普段、競技系軽量ロッドで楽しむ鮎師にとって最も身近に感じられるモデル【早瀬V】。

ライト瀬釣りでさらなる入れ掛かりの独壇場を築き上げるために生まれ変わった最新パワーロッドの威力が、いま、解き放たれる。

小澤 剛 TSUYOSHI OZAWA

上方テンション、引き、泳がせ操作   高次元対応する新調子

シリーズ中、最も軽量で繊細釣技にも高次元対応する【早瀬V】。今回新たに生まれ変わったその手応えを小澤剛はこう語る。

「僕の印象としては先代の17年モデルより、先調子になっているんだけど負荷をかけると胴に乗り込む感じのアクション。まろやかにマイルドにFWアクション的な仕上がりです。あと、最近の僕のロッドチューニングの傾向なんですが穂先を少し柔らかくして先調子気味に仕上げて操作性を上げています。これは誤解のないように言いますが、すごく柔らかくしているワケではなく、自分好みだった今までの竿よりも若干柔らかくした、ということです。こうすることで上方テンション系の釣りがより行いやすく、引き操作にも余裕が生まれました。

僕が開発に携わった竿は『レーシングカーみたいな竿が多い』と言われることもありますが、今回の【早瀬V】は高級車というか、少しだけまろやかにした感じ。個人的に【早瀬V】というモデルは、ごく一般的な鮎師が『初期から後期まで安心して使える竿』というイメージで調子作りしています。前作もそうでしたが今回のニューモデルはもっと初期の小型鮎から対応できる……そんなロッドになったと思いますね」

そして今回のニューモデルではスペシャルトリプルフォース初採用となるエキサイトトップⅡ(ノーマル穂先)、スパイラルXコア、ナノピッチといった最新テクノロジーが盛り込まれている。

「エキサイトトップⅡの効果、これはハッキリ違いが分かりますね~。超高弾性ソリッドを中に詰め込んでいるだけあって、前アタリなど、ごく小さな振動が大きく伝わります。エキサイトトップの時も感度は上がったなぁと思いましたが、今回それがより大きく伝わるようになりました」

スパイラルXコアに関してはどうか?

「前作にくらべれば調子や設計の違いも影響しているのか、粘り強さを感じますね。さらに安心感が増して良いのではと思います」

 

入れ掛かりゾーンを直撃する 急瀬の狙撃手

パワーロッドのセンターポジションと呼べる急瀬アクション。

スペシャルトリプルフォースの【急瀬90】にはTとGふたつの個性があり、先調子気味にセッティングされた【急瀬T】は優れた操作性で縄張りの一等地をねらい撃つ。

島 啓悟 KEIGO SHIMA

操作性を犠牲にすることなくよりパワーを引き出せる新調子

シリーズ屈指の操作性を誇る【急瀬T】。今回どのように進化したのだろうか?

「先代の17年モデルは充分パワーがあるのに使い慣れないとパワーを出しきれないケースが多少見られたので、今回のチューニングではそれを改善し、誰もがよりスムーズにバットパワーを発揮できるアクションを目指しました。

トリプルフォースの中では最も先調子である【急瀬T】はスムーズに引き抜くことができるサオの角度が胴調子よりもタイトになります。ですので、その点に留意して穂先から4番あたりまでのパーツの長さをあらためて吟味し、掛けてから引き抜くまでの一連動作を楽に行えるセッティングを心がけました」

それは胴調子気味のバランスに仕上げたという意味だろうか。

「いや、そうではなく、実際前作とくらべると先端部のパーツは短くなっているので先調子気味で操作性に優れる歴代のアクションは維持し、負荷の乗り込みを良くしてバットパワーをロスなく発揮できるようなニューアクションという感じです。さらに今回の注目点として穂先もエキサイトトップⅡ(ノーマル穂先)が新たに採用されています」

【急瀬90】といえばTとGがあるが、その個性の違いを島はこうとらえている。

「やはり先調子気味のTは竿を立てた時の穂先を使ったオトリの操作性が断然シャープなことがGとのいちばんの違い。感度、操作性を求めるならTがオススメです。また、元竿もTのほうがしっかりと安心感のあるフィーリングといえるかもしれません。Gよりも先調子であるTは瀬釣りでも、大鮎ねらいでも『掛けにいける竿』。操作性を武器に野鮎を挑発してハリ掛かりさせるまでのプロセスをより数多く演出できます」

 

複雑な川相で威力を発揮   多彩なオトリ管理で野鮎挑発

この竿が真価を発揮するのは、どんなフィールドだろうか?

「長良川、九頭竜川、神通川など、やはり石の大きな釣り場ではTの操作性の良さが光りますね。また、水面上に石など出ておらず表面変化は少ないものの、川底変化が大きいというポイントにもマッチします。ただ単純に竿を寝かして釣るよりも竿操作を駆使する釣りに威力を発揮しますね。より操作性が求められる状況、そんな釣りが好きという方にはオールマイティで使えると思います」

野鮎対応サイズはどうか。

「釣り場にもよりますが、標準穂先なら22~25㎝が快適対応サイズかなと思うものの、個人的に印象深かったのは九頭竜川・坂東島のカタログ撮影です。腰程度まで立ち込んでいる時に掛かった28.5㎝を引き抜いていますので、慣れとやり取り次第で対応幅は広がります。これがパワー替穂なら26~27㎝にアップする感じ。ソリッド替穂は曲がり幅があるので20~23㎝がストレスなく楽しめる目安。

ゴリゴリの瀬竿なら確かにどんな状況下でも大きな魚に対応可能ですが、それで一日中快適に楽しめるかといえば……正直ちょっとつらい。一般的な方がストレスなく安心してパワフルな大型魚とやり取りを楽しめるのがトリプルフォースの【急瀬】というアクションです」

華奢な使用感など微塵も感じさせることなく、さりとて持ち重りせず、競技系軽量ロッドを肉厚化し、スパイラルXコア、ナノピッチで確かな安心感を与えたニューアクション。多彩なオトリ管理で急流の一等地をねらい撃ち、真っ黄色な大型魚と痛快ゲームを楽しむために。さらなる威力を身にまとった【急瀬T】が新たな入れ掛かりを呼び寄せる。

 

急流大鮎を手玉に取る 進化した王道パワーロッド

細身肉厚ブランクスが生み出す胴の粘りで急流の大鮎を自在に攻略可能な【急瀬G】アクション。

スパイラルXコア、ナノピッチ、エキサイトトップⅡで性能を一新した王道調子が入れ掛かりの新天地を切り開く。

坂本 禎 TADASHI SAKAMOTO

より剛性をアップさせ流れと大鮎を自在に楽しむG90

粘りのあるパワフルな胴調子で急流の大鮎を手玉に取る【急瀬G】アクション。今回G90、GH90、S85のラインナップで新たに生まれ変わった。まずはG90から話を進めよう。

「今回も先代17年モデルで好評だった細身肉厚ブランクスでタメめた時の安心感、G調子設計の良さを崩さないようにチューンしました。さらに今作は新製法スパイラルXコア、ナノピッチを採用して強さを高めているので、よりネジレやツブレに強く、芯がしっかりした感じ。大型オトリのコントロール能力が上がっていますし、大型魚をタメて飛ばす際もブランクスの剛性感が上がっているので不安なく飛ばせます。また、穂先もエキサイトトップⅡを採用したので、いちだんと感度がアップしていますね」

野鮎対応サイズは?

「場所にもよりますが私の好きな急流域で引き抜くなら、一般的に標準穂先で23~25㎝が面白いと思います。これがパワータイプだと26㎝くらいまでは難なくOK。慣れている方ならそれ以上かなりの大型魚まで対応できるはず。トリプルフォースシリーズはどれも同じだと思いますが、パワー穂先を入れるだけで負荷が乗り込むポイントがガラッと変わるので違うロッドのような使用感が楽しめます。一方、ソリッドは渇水時など野鮎がちょっとナーバスになっている状況下や魚のサイズが小さい時に効果的」

得意とするフィールドは?

「小石底の平坦なポイントや大河川で威力を発揮するのが【急瀬G】調子。瀬はもちろん水深のあるトロなど、どんな場所でも安心して使えます。普通のロッドではパワー的にちょっと頼りないかな……という場面にもピッタリです。マッチする河川は各地にありますが一例をあげれば那珂川、鬼怒川、米代川、九頭竜川、神通川、仁淀川、四万十川の大鮎ねらい……など。あと、魚野川もバッチリ、利根川にもマッチしそうですね」

同じ急瀬でもGとTの個性の違いとは。

「車にたとえればTは先調子気味なのでピーキーというか、ちょっと通好みというか、Gよりパワーバンドが狭いものの、立て竿操作などは軽快にこなせます。一方、Gは標準穂先使用でH3.2とH3のTよりパワフルなこともさることながら、低回転から高回転まで万遍なくスムーズにパワーを駆使できるアクション。使い手を選ばないというか、オールマイティな使いやすさがあります」

 

変貌遂げたS85の使用感   尺鮎すら引き抜くGH90の底力

「GH90はシーズン後半の九頭竜川などでも安心して使ってもらえるロッドです。尺絡みの大鮎でも問題なし。28~29㎝が引き抜けます」

ということは、パワー替穂にチェンジすれば尺鮎までも引き抜ける?

「九頭竜川とか四万十川なら抜けると思いますよ。パワーや使用感はアドバンフォース急瀬と急瀬Gの中間よりも、やや前者に近い……というイメージですね。とはいえアドバンフォースは瀬竿なので『重い』『ちょっとゴツイ』と感じる方、【急瀬G】よりもパワフルなロッドがほしい……という鮎師に【急瀬GH】はピッタリ。調子的にはGのパワーアップバージョンという位置付けなので【急瀬G】では苦戦するハードな状況やより大きな魚が揃う釣り場にオススメです」

ショートロッドS85はどうか。

「これは先代モデルからかなり変わりましたよ。前作は全体的にしなやかで魚が掛かると胴から下部に素早く負荷が乗って一気に曲がって魚を獲るようなフィーリングで引き抜きまでやや時間を要するアクションでした。

一方、今作は曲がり込みを遅くし、パワーを発揮するセクションを少し上に持ってきたイメージ。先調子ではなく胴調子だけど曲がり込みを遅くし、タメが利く部分を若干上にしたという感じです。水面から掛かり鮎が水を切るのがかなり速くなった。感度、操作性もランクアップしていますね。小河川だけど大鮎が出る釣り場、風対策、より軽快にパワーゲームを楽しみたい方にオススメ。標準穂先で一般的に楽しく釣れるサイズは23㎝前後でしょう」

今シーズンのテストを通じて印象的だったエピソードは?

「今年は九頭竜川に行くことが多く、ちょうどトリプルフォースの良いテストになりましたね。特に大鮎がバンバン出た後半は、ちょっと流れの強いポイントだとGだと辛い……と感じる場面が相当ありましたが、そんな時にGHがいちばんマッチしました。

飯島、坂東島、放水口とか、太い流れのいろいろなポイントでテストして29㎝弱くらいまで引き抜いています。このサイズでも流心をかわして緩い場所まで誘導すれば余裕で引き抜けます。私はノーマル穂先でずっとテストしていましたが、もうちょっとハードな釣りをしたい方はパワー替穂にチェンジすればさらにイージーに楽しめるはず。パワーも剛性もGより強いので、余裕をもってタメられ、返し抜きも楽に安全にこなせます」

皆さんYouTubeで盛んにアップしていたような大鮎とのエキサイティングな釣りが楽しめると!(笑)。

「そうです、そうです(笑)。その映像とあわせて生まれ変わったトリプルフォースのポテンシャルを感じていただければうれしいですね」

FEATURE 特徴

SPIRALXCORE_RD
スパイラルXコア

高強度素材の採用で進化した、次世代の基本構造。

シマノ独自の設計・製造方法により、曲げ、ネジレ、つぶれなど、あらゆる方向に対して、さらなる高強度化を徹底追求。ロッド性能を根幹から高めるシマノ独自の基本構造スパイラルXに、ナノアロイ®テクノロジーにより実現した高強度樹脂を用いたカーボンテープを使用。選りすぐりの素材でさらなる高強度化を実現しました。一般的な構造との比較で、ネジリ強度1.4倍、つぶれ強度2.5倍を達成(当社比)。さらにスパイラルXとの比較でも、ネジリ強度10%アップ、つぶれ強度15%アップを達成(当社比)しました。

※ ナノアロイ®は東レ(株)の登録商標です。


NANOPITCH_RD
ナノピッチ

ブランクスを焼き上げる工程で使用する成型テープのラッピングを極めて細かいピッチで施す方法。ブランクスが、より均一な圧力で締め上げられるため、高強度化に大きく貢献しています。その細やかなピッチは、上質感のある外観デザインを描きます。


PARABOLATUNE_RD
パラボラチューン/パラボラチューンR/パラボラチューンR+

パラボラチューンはスムーズな調子を実現するために、各節の合わせ部分を見直し、強度を維持したうえで剛性の段差を排除。ワンピースロッドに匹敵する滑らかな調子とパワーを引き出すことに成功。また、磯ロッド専用に開発したバージョンとして、ロッド全体がスムーズに曲がるように各継部のブランクスの肉厚を最適化したパラボラチューンR、継部だけでなく前後の節のテーパー関係を見直し、より滑らかな曲がりの支点移動を可能にしたパラボラチューンR+が存在しています。


※早瀬V/急瀬Tを除く

HI-POWERXTIP_RD
ハイパワーXティップ

細くてネジレが生じやすい磯竿、鮎竿、へら竿などの細物穂先は構造的にスパイラルXが使用できません。そこで開発されたのが「ハイパワーXティップ」。穂先のネジレに対する剛性が大きく向上しました。


EXCITETOP2_RD
エキサイトトップII

エキサイトトップをさらに進化させたエキサイトトップⅡ。鮎ロッドの穂先としては採用できないほどの超高弾性材料で作り上げたシマノオリジナルソリッドを、チューブラー穂先の先端に封入した構造です。


※ノーマル穂先

EXCITETOP_RD
エキサイトトップ

穂先に特殊設計を行うことにより、目で見る感度、手に伝わる感度が大きく向上しました。今まで得られることが出来なかった感度を得ることにより、魚に対してのアプローチが大きく変わります。


※パワー穂先

TAFTECINFINITY_RD
タフテック∞(インフィニティ)

新開発、タフテック∞は一般的なソリッドに対して巻き込み強度3倍、巻き込み量5倍を実現(当社比)。強いタフテックαを凌ぐ高強度ソリッド穂先です。


※ソリッド穂先

GCROSSPROTECTOR_RD
Gクロスプロテクター

節の継ぎ目はやりとり中にもっとも負担が集中する部分。Gクロスプロテクターは破損のリスクを大幅に軽減するとともに、玉口部分に精悍なルックスを与えます。


KAITENSHIKI_RD
回転式「超感」トップ

直接穂先に結びつけた天上糸を滑らせるとともにトップ自らも回転して糸ガラミを激減。繊細な穂先とほぼ同じ細さで、竿先が鈎先になったような感覚の感度を発揮します。(鮎竿、渓流竿に採用)


SHITTORIGRIP_RD
しっとりグリップ

グリップ性に優れ、濡れても滑りにくく、理想の操作をサポート。高いグリップ力でありながら必要最小限の塗装膜なので、軽さや感度にも貢献しています。


IDV_FEATURE_a075F00003c5FfPQAU_01
パワーセレクトシステム

IDV_FEATURE_a075F00003c5FfPQAU_03
バッジ付尻栓

LINEUP ラインナップ

急瀬G 90NV

SPECIFICATION スペック表

品番

全長(m)

H表示

継数(本)

仕舞寸法(cm)

自重(g)

先径(mm)

元径(mm)

適合オモリ(号)

適合水中糸(ナイロン・号)

適合水中糸(メタル・号)

カーボン含有率(%)

本体価格(円)

商品コード

早瀬V 90NV 9.00〔8.90〕 H2.75 (H2.9) 8 142.5 233 1.8 (0.7)〔1.9〕 24.8 0~4 (0~2)〔0~8〕 0.15~0.6 0.05~0.25 99.7

278,000円

300584 *
急瀬S 85NV 8.50〔8.40〕 H3.0 (H3.2) 7 142.5 235 1.9 (0.7)〔2.0〕 24.5 0~8 (0~2.5)〔0~12〕 0.175~0.8 0.06~0.3 99.6

273,000円

300577 *
急瀬T 90NV 9.00〔8.90〕 H3.0 (H3.2) 8 142.5 245 1.8 (0.7)〔2.0〕 24.8 0~8 (0~2.5)〔0~12〕 0.175~0.8 0.06~0.3 99.6

283,000円

300591 *
急瀬G 90NV 9.00〔8.90〕 H3.2 (H3.5) 8 136.5 252 1.9 (0.7)〔2.0〕 24.2 0~10 (0~2.5)〔0~15〕 0.175~0.8 0.06~0.3 99.6

283,000円

300607 *
急瀬GH 90NV 9.00〔8.90〕 H3.5 (H2.7) 8 142.5 280 2.1 (0.7)〔2.4〕 24.9 0~12 (0~3)〔0~15〕 0.2~0.8 0.08~0.4 99.5

293,000円

300614 *

※( )内はソリッド穂先、〔 〕内はパワータイプチューブラー穂先の仕様です。
※元径は後端から100mmの外径を表示しています。