弊社では、お客様が常に快適にウェブサイトをご覧いただけるようCookieを使用しています。

 ”同意します”ボタンをクリックすることによって、弊社のポリシーに従ったCookieの使用に同意されたものと見なします。弊社のCookieの使用方法に関して詳しくは、 こちらをお読みください。

弊社では、お客様が常に快適にウェブサイトをご覧いただけるようCookieを使用しています。

 ”同意します”ボタンをクリックすることによって、弊社のポリシーに従ったCookieの使用に同意されたものと見なします。弊社のCookieの使用方法に関して詳しくは、 こちらをお読みください。

ホリデースピン (振出)

OFF

https://dassets2.shimano.com/content/dam/Shimanofish/Common/Productsrelated/cg2SHIFGlobalROD/cg3SHIFGlobalRODCommonRod/SICPlanningProducts/Product/PRD_a075F00002lMJwXQAW_main.jpg/jcr:content/renditions/cq5dam.web.481.481.jpeg

HOLIDAY SPIN

https://dassets2.shimano.com/content/dam/Shimanofish/Common/Productsrelated/cg2SHIFGlobalROD/cg3SHIFGlobalRODCommonRod/SICPlanningProducts/Product/PRD_a075F00002lMJwXQAW_other01.jpg/jcr:content/renditions/cq5dam.web.481.481.jpeg

HOLIDAY SPIN
HOLIDAY SPIN
HOLIDAY SPIN

ホリデースピン (振出)

バリュープライス

ホリデースピン〈振出〉

爽快なキャストが楽しい本格エントリーモデル。

カーボンの反発力を活かした設計と特殊表面仕上げ(#1~元上)による軽量化により、軽く爽快なキャストが楽しめます。また、バット部に新しく採用された塗装手法は質感を大幅にアップ。キャストのコントロール精度を向上させるキャスコングリップも搭載、本格的に投げ釣りを楽しむエントリーモデルとして適しています。


ホリデースピン ショートモデル〈振出〉

防波堤からサーフまで扱いやすいショートモデル。

ショートサイズの振りぬけ・取り回しの良さで、ジュニアや女性、シルバーエイジの方でも扱いやすく、防波堤からサーフまで軽快なキャストが可能です。仕舞寸法が短いため携帯性に優れ、手軽に投げ釣りをお楽しみいただけます。コントロール精度の向上に欠かせないキャスコングリップも搭載。新たに採用された塗装手法で高級感も大幅にアップしました。

CONCEPT MOVIE コンセプトムービー

申し訳ございません。Cookie利用への同意がないため、本機能を含めた一部機能の利用を制限しております。全ての機能を有効にするには、Cookie同意バーの"同意します"ボタンをクリックしてください。

これから「ちょい投げ」を始める人にオススメの投げ竿「ホリデースピン」ってどんな竿??

KEY FEATURE キーフィーチャー

ホリデースピンってどんな竿?

ホリデースピンはシマノの投竿のなかで最も手頃な価格帯の竿で、これから投げ釣りを始めようと思う方に、最初の1本としておすすめしたいアイテムです。短いものは2.5m、長いもので4.25mとバリエーションが豊富で、ライトなシロギス狙いのちょい投げから大物釣りまで楽しめます。

ホリデースピンのアイテムを大別すると、「標準タイプ」、そして全長と仕舞寸法が短い「ショートタイプ」の2種類があります。標準タイプは品番の末尾にT、ショートタイプはTSと表記しています。Tとはテレスコピック(振出竿)の頭文字、Sはショートを意味します。標準タイプは3.05~4.25mと一般的な投竿とほぼ同じ規格で、重めのオモリを用いた本格的な投げ釣りを楽しめるアイテム。砂浜から100m以上の遠投でシロギスを釣ったり、防波堤からカレイや真鯛などの大物を狙える竿です。

ショートタイプは2.5~3.35mと取り回しのよい長さで、コンパクトに仕舞えることから電車や自転車での釣りにも適したアイテムです。ちょい投げで近距離を狙う釣りに向いているほか、軽めのオモリを用いたブッコミ釣り、サビキ釣り、ルアーなどもこなせます。いずれ本格的な投げ釣りにステップアップしたい方は標準タイプ、投げ釣りを中心にいろんな釣りを楽しみたい方はショートタイプがおすすめです。

竿とリールの組み合わせ方

リールは竿とのバランスを考えて選ぶことが大切です。短い竿に対して過度に大きい(=重い)リールを組み合わせると、短竿のメリットである取り回しの軽さが活かせません。逆に、長く硬い竿に小さいリールを組み合わせると、満足な飛距離が得られなくなるので注意しましょう。

3m前後までのショートタイプで近距離をちょい投げで狙う場合、リールは2500~3000番の汎用スピニングリールがおすすめです。リールの性能は高価なものほど優れていますが、ちょい投げ程度の釣りであれば「アリビオ」や「ネクサーブ」といったエントリークラスがおすすめです。道糸はナイロンの3号前後がトラブルが少なく、ほかの釣りへの流用も利くので便利です。

4m前後の標準タイプの場合、重量バランスや飛距離を考えると大径スプールを備えた投げ専用リールがマッチします。防波堤からカレイや真鯛を狙うならば、ドラグ付きの「スーパーエアロスピンジョイSD(シングルドラグ)」、砂浜から遠投でシロギスを釣るのであれば「アクティブサーフ」や「スーパーエアロスピンジョイ」あたりを合わせると、竿の性能を存分に活かせるでしょう。

 

竿の硬さは何を基準に選ぶ?

竿の硬さは、使用するオモリに合わせるのが基本です。使用するオモリが軽いほど軟らかい竿、オモリが重いほど硬い竿を選びます。竿に対してオモリが軽すぎると竿の反発を活かせないため投げにくく、逆にオモリが重すぎても竿の反発力が引き出せないので遠くへ投げられません。

ちょい投げで近距離を狙う場合、オモリは5~10号前後の軽いものが中心になります。一方、砂浜から遠投してシロギスを狙う場合、使用する平均的なオモリの号数は23~30号、潮流の速いポイントで大物を狙うときは、ときとして33号、35号といった重めのオモリが必要になるケースもあります。

ホリデースピンは状況によって適切な硬さのアイテムを選べるよう、多くのアイテムを取り揃えています。どのくらいのオモリを使うのかをイメージして、ベストな1本を選んでください。

 

アイテム表記とオモリの関係

ホリデースピンをはじめとするシマノの投竿は、AX~JXのアルファベットにて硬さのランクを分け、品番に表記しています。AXが最も硬く、BX、CXの順番に軟らかくなります。たとえば「305JX-TS」の場合は、長さ3.05m、硬さランクJXの、振出ショートタイプとなります。

各アイテムがどの程度のオモリに適しているかについては、シマノHPの製品ページや弊社カタログで確認することができます。

仕様欄のスペック表を見ていただくと、「錘負荷」と「標準錘負荷」という項目があります。錘負荷というのは、この範囲内のオモリを快適に投げられるという意味。標準錘負荷は、最も快適に扱えるオモリの号数を表しています。先の「305JX-TS」を例にするなら、5~15号のオモリを快適に投げることができ、10号のオモリを最も快適に扱えるアイテムということになります。

竿とリール、オモリの号数がマッチしたタックルは、無理なく仕掛けを投げられるうえ、飛距離も出ます。バランスの取れたタックルで、投げ釣りの楽しさを存分に味わってください。

CONCEPT MOVIE コンセプトムービー

申し訳ございません。Cookie利用への同意がないため、本機能を含めた一部機能の利用を制限しております。全ての機能を有効にするには、Cookie同意バーの"同意します"ボタンをクリックしてください。

【投げ釣り初心者必見】シマノ初心者釣り教室 投げ釣り編 ~堤防や砂浜から豪快な遠投で魚を釣ろう~

IMPRESSION インプレッション

場所]砂浜、防波堤[エサ]石ゴカイ、チロリ、青イソメなど

釣り方]シロギスは砂地底を好み、群れを作って回遊する魚です。

砂浜では仕掛けを遠投して広範囲を探る釣り方が主体。オモリが着底したら、ゆっくりリールを巻いてポイントを探ります。(引き釣り釣法)防波堤でも砂地がポイントになります。水深がある港湾の出入口付近では、“ちょい投げ”または“置き竿”で狙うとよいでしょう。(ちょい投げ・置き竿釣法)アタリが出た付近では続けて釣れる可能性が高いので、集中的に狙うとよいでしょう。道糸はナイロンラインでも十分に釣れますが、ポイントが遠いときはPEラインが有利です。扱いにはやや慣れが必要ですが、細くても強度があって遠投が利き、高感度でアタリを明確にキャッチできます。ポイントまでの距離を把握したいときは、10m、もしくは25mごとに色分けされているものが便利です。

場所]河口、防波堤[エサ]ユムシ、マムシ、青イソメなど

釣り方]クロダイは雑食性で様々なエサで釣れる一方、警戒心が強い魚です。40cm以上の大型を狙うには夜釣りが有利ですが、潮に濁りが入ったなど好条件に恵まれれば、日中に喰いが立つこともあります。産卵期にあたる3~5月は特に大型が釣れる時期です。湾内や河口などはクロダイの代表的なポイント。適度に潮が流れる場所が狙い目です。

釣り方は、ドラグ付きリールを用いた置き竿釣法が一般的です。エサを喰ったクロダイは一気に走ることがあるため、キャストした後はリールのドラグを緩めてアタリを待ちます。クロダイを警戒させてしまわないよう頻繁な投げ返しは控え、仕掛けの回収もなるべく静かにゆっくりと行うようにしましょう。

場所]防波堤、磯[エサ]ユムシ、マムシ、チロリなど

釣り方]真鯛は岩礁帯や砂地に岩が点在する場所に生息している魚です。小さな群れで行動することが多く、一定の潮通しのよいエリアをテリトリーとして回遊しています。食性としては小魚・エビ・貝や砂地に潜むイソメ類を好みます。

竿は複数本用意して置き竿でじっくりと狙う釣り方がオススメです。仕掛けを遠近・左右方向に投げ分け、ポイントを広く探ることで釣果がアップします。仕掛け投入後はリールのドラグを緩めてアタリを待ちます。多くの場合、エサを喰った真鯛は一気に走り、ドラグが勢いよく逆転します。アタリが出たらドラグを締め、大きくアワセを入れてフッキングさせましょう。

場所]河口、砂浜、防波堤[エサ]石ゴカイ、青イソメなど

釣り方]ハゼは秋になると河口付近で数が釣れる魚です。メゴチやイシモチは砂浜や防波堤でもよく釣れます。いずれもちょい投げで狙える魚ですが、イシモチは40㎝以上に育つ魚なので、良型が主体に釣れる場所ではハリを大きくするとよいでしょう。

釣り方は、仕掛けを投入してオモリが着底したら、ゆっくりリールを巻いてポイントを探ります。海底に地形の変化がある場合は、置き竿でじっくりと狙う釣り方がオススメです。

場所]防波堤[エサ]マムシ、青イソメなど

釣り方]砂地と泥質が混じるエリアに棲息し、初冬~春にかけて釣れる魚です。釣り方は置き竿釣法が一般的。遠投してからゆっくりとリールを巻いて、カケアガリなど地形に変化がある場所で仕掛けを留めて待つのがポイントです。複数の竿を出し、遠近・左右に投げ分けて、広くポイントを探るとよいでしょう。

場所]防波堤、磯[エサ]マムシ、青イソメなど

釣り方]消波ブロックの際や岩礁帯など障害物の周辺が主なポイントです。根(海中にある岩など)の周りに着く魚なので、根が近い場合はそこまで遠投の必要はありません。

ラインが岩などに擦れて切れないよう、道糸は太めのナイロンラインがオススメです。根掛かりが多い場所では、ハリスは短めにするとよいでしょう。

場所]河口、砂浜、防波堤[エサ]マムシ、青イソメなど

釣り方]河口・砂浜・防波堤と様々なポイントで狙える大物魚です。カケアガリなど地形に変化のある場所仕掛けを置くことが重要です。砂浜では離岸流、防波堤ではミオ筋など流れに変化がある場所も狙い目です。

場所]河口、砂浜、防波堤[エサ]青イソメ、魚の切り身、マムシなど

釣り方]アナゴは海底が砂や泥混じりで、捨て石や消波ブロックなど身を潜める隠れ家がある場所を好みます。そのような条件にもっとも適した防波堤は一級ポイント。アナゴは夜行性のため、夏の夜釣りなどでの好ターゲット。ハリは1本とすることでアナゴが暴れても仕掛けが絡むことないためオススメです。

 

ホリデースピン〈振出〉仕様

ホリデースピンショートモデル〈振出〉仕様

FEATURE 特徴

IDV_FEATURE_a075F00002lMJwXQAW_02
振出竿用トップカバー

穂先やガイドを保護する安心カバー付き。


IDV_FEATURE_a075F00002lMJwXQAW_03
ステンレス製ガイドフレーム

サビに強く、丈夫なステンレスを採用。


IDV_FEATURE_a075F00002lMJwXQAW_04
ステンレス製リールシート

様々なスピニングリールの装着が可能なプレートタイプ。


IDV_FEATURE_a075F00002lMJwXQAW_01
キャスコングリップ

握りやすく投げやすい形状で、滑りにくい特殊ラバータイプを採用。


IDV_FEATURE_a075F00002lMJwXQAW_05
尻栓

竿を洗う際に手入れがしやすい、取り外し仕様。


IDV_FEATURE_a075F00002lMJwXQAW_06
ロッドデザイン

LINEUP ラインナップ

SPECIFICATION スペック表

品番

全長(m)

継ぎ方式

継数(本)

仕舞寸法(cm)

自重(g)

先径(mm)

錘負荷(号)

標準錘負荷(号)

リールシート位置(mm)

カーボン含有率(%)

本体価格(円)

商品コード

305HX-T 3.05 振出 4 88 210 1.9 10~20 15 480 60.8

バリュープライス

251459
335GX-T 3.35 振出 4 95.5 245 2 15~23 20 560 66

バリュープライス

251466
365FX-T 3.65 振出 4 104 300 2.2 18~25 23 640 70.7

バリュープライス

251473
385FX-T 3.85 振出 4 109 340 2.2 18~25 23 720 72.5

バリュープライス

251480
385EX-T 3.85 振出 4 109 360 2.3 20~30 25 760 74.3

バリュープライス

251497
405EX-T 4.05 振出 4 114 390 2.3 20~30 25 780 74.8

バリュープライス

251503
425EX-T 4.25 振出 4 119 415 2.3 20~30 25 800 75.8

バリュープライス

251510
405DX-T 4.05 振出 4 114 410 2.4 23~30 27 800 76.3

バリュープライス

251527
425DX-T 4.25 振出 4 119 445 2.4 23~30 27 820 77.4

バリュープライス

251534
405CX-T 4.05 振出 4 114 438 2.6 25~35 30 820 78

バリュープライス

251541
250JX-TS 2.50 振出 4 74 150 1.8 5~15 10 360 53

バリュープライス

251336
275JX-TS 2.75 振出 4 80 160 1.8 5~15 10 400 54.7

バリュープライス

251343
305JX-TS 3.05 振出 5 74 200 1.8 5~15 10 440 56.3

バリュープライス

251350
335JX-TS 3.35 振出 5 80 225 1.8 5~15 10 480 58.3

バリュープライス

251367
250HX-TS 2.50 振出 4 74 155 1.9 10~20 15 400 56.3

バリュープライス

251374
275HX-TS 2.75 振出 4 80 170 1.9 10~20 15 440 58.2

バリュープライス

251381
305HX-TS 3.05 振出 5 74 207 1.9 10~20 15 480 59.4

バリュープライス

251398
335HX-TS 3.35 振出 5 80 232 1.9 10~20 15 520 61.7

バリュープライス

251404
250GX-TS 2.50 振出 4 73.5 160 2 15~23 20 440 59.7

バリュープライス

251411
275GX-TS 2.75 振出 4 80 175 2 15~23 20 480 62.2

バリュープライス

251428
305GX-TS 3.05 振出 5 74 225 2 15~23 20 520 62.5

バリュープライス

251435
335GX-TS 3.35 振出 5 80 250 2 15~23 20 560 65.2

バリュープライス

251442

※バリュープライス商品は、コストパフォーマンスに優れた高機能商品です。(本体価格の設定はございません)
※元径の( )内の数字は後端から200mmの外径を表示しています。
※スーパーエアロ5000、チタノス・パワーエアロGT6000はショートモデルおよび305HXT、335GXT、365FXTのリールシートに適合しません。
※元径は後端から200mmの外径を表示しています。