弊社では、お客様が常に快適にウェブサイトをご覧いただけるようCookieを使用しています。

 ”同意します”ボタンをクリックすることによって、弊社のポリシーに従ったCookieの使用に同意されたものと見なします。弊社のCookieの使用方法に関して詳しくは、 こちらをお読みください。

弊社では、お客様が常に快適にウェブサイトをご覧いただけるようCookieを使用しています。

 ”同意します”ボタンをクリックすることによって、弊社のポリシーに従ったCookieの使用に同意されたものと見なします。弊社のCookieの使用方法に関して詳しくは、 こちらをお読みください。

キススペシャル 45[KISU SPECIAL 45]

OFF

https://dassets2.shimano.com/content/dam/Shimanofish/Common/Productsrelated/cg2SHIFGlobalREEL/cg3SHIFGlobalREELSpinningReel/SICPlanningProducts/Product/PRD_a075F00003iiN1FQAU_main.jpg/jcr:content/renditions/cq5dam.web.481.481.jpeg

22キススペシャル 45

https://dassets2.shimano.com/content/dam/Shimanofish/Common/Productsrelated/cg2SHIFGlobalREEL/cg3SHIFGlobalREELSpinningReel/SICPlanningProducts/Product/PRD_a075F00003iiN1FQAU_right.jpg/jcr:content/renditions/cq5dam.web.481.481.jpeg

22キススペシャル 45

https://dassets2.shimano.com/content/dam/Shimanofish/Common/Productsrelated/cg2SHIFGlobalREEL/cg3SHIFGlobalREELSpinningReel/SICPlanningProducts/Product/PRD_a075F00003iiN1FQAU_front.jpg/jcr:content/renditions/cq5dam.web.481.481.jpeg

22キススペシャル 45

https://dassets2.shimano.com/content/dam/Shimanofish/Common/Productsrelated/cg2SHIFGlobalREEL/cg3SHIFGlobalREELSpinningReel/SICPlanningProducts/Product/PRD_a075F00003iiN1FQAU_back.jpg/jcr:content/renditions/cq5dam.web.481.481.jpeg

22キススペシャル 45
22キススペシャル 45
22キススペシャル 45
22キススペシャル 45
22キススペシャル 45

キススペシャル 45

99,700円 (税別)
HAGANEギア
X シップ
HAGANE ボディ
インフィニティドライブ
リジッドキャスト
サイレントドライブ
X プロテクト
G フリーボディ
パラレルボディ
スーパースロー 10
CI4+
S A-RB
ワンピースベール
海水OK

より遠く、より正確に。45㎜ストロークでキャストの新境地へ。

シマノ投げリールの最高峰・キススペシャルが、ファン待望の45㎜ストローク仕様となって生まれ変わりました。ボディやメインシャフトのたわみを抑える最適バランス設計「リジッドキャスト」を採用。キャストの衝撃に負けない剛性と軽さを得たことによってリリースのタイミングが安定し、飛距離と正確性が飛躍的にアップしました。またインフィニティドライブ、サイレントドライブを投げリールとして初めて搭載。圧倒的な巻き上げパワーと精緻な巻きごこちをも手に入れました。飛び、剛性、軽さ、使用感、そのすべてが最高峰と呼ぶにふさわしいリールとなっています。ロングストロークと新機構が織りなす官能的なキャストフィールを心ゆくまでお楽しみください。スーパースロー仕様の「CE GOKUHOSO」と、スタンダード巻きの「GOKUHOSO」をご用意しました。2機種ともに標準装備されている「45mmストロークスプール」が替スプールとして付属しています。

CE GOKUHOSO(コンペエディション/スーパースロー10搭載)は、ラインが緻密に巻かれるので放出時の抵抗がGOKUHOSO(ノーマルスピード)に比べて格段に減少します。一方、GOKUHOSOは、内部部品がシンプルになることで自重が軽くなります。より飛距離を追求したい方にはCE GOKUHOSOを、より軽さを追求したい方にはGOKUHOSOをお勧めします。

CONCEPT MOVIE コンセプトムービー

申し訳ございません。Cookie利用への同意がないため、本機能を含めた一部機能の利用を制限しております。全ての機能を有効にするには、Cookie同意バーの"同意します"ボタンをクリックしてください。

【22SS 新製品 投げリール】最新投げリールを徹底解説!! キススペシャル45×驚異の遠投性・正確性/日置淳・草野満・伊藤幸一【シマノオンラインフィッシングショー】

 

申し訳ございません。Cookie利用への同意がないため、本機能を含めた一部機能の利用を制限しております。全ての機能を有効にするには、Cookie同意バーの"同意します"ボタンをクリックしてください。

【22SS 新製品 投げ】キススペシャル45 /日置淳【シマノオンラインフィッシングショー】

KEY FEATURE キーフィーチャー

スーパースロー10 IMPRESSION

一投で感じ取れるストレスのないキャストフィールと飛距離

日置 淳 JUN HIOKI

極めてスローなオシュレートスピードで緻密にラインを巻き込むスーパースロー10。そのストレスのないキャストフィールと飛距離は、一投で感じ取ることができました。シマノの投げリールでは初となる45㎜ストロークやリジッドキャストとの相乗効果もあると思いますが、スプールから出るラインを目で追うと、螺旋状に放出される軌道がほとんど乱れません。これが爆発的な飛距離の秘密なん ですね。5色以内の近投でシロギスを狙うときはノーマルスピード(綾巻き)の「キススペシャル45 GOKUHOSO」を多用する私ですが、6色以上の遠投でなければ喰わないときは、迷わず密巻きスーパースロー10の「キススペシャル45 CE GOKUHOSO」を使います。 スーパースローオシュレート(密巻き)と聞くと、ライントラブルを心配する方もいるかもしれません。密巻きのリールはスプールへ巻き込んだラインの重なりが浅く、たとえばオモリがカケアガリを 乗り越えた瞬間など、テンションが抜けて巻きが緩んでしまうと、次のキャスト時にその部分でトラブルを起こしてしまいがちなんですね。「キススペシャル45」のスプールをよく見ると、前端の数㎜だけノーテーパーになっています。このダブルテーパーのおかげで、円周の小さいほうへ滑りがちなPEラインであっても巻きが崩れにくく、ライントラブルが起きにくいんです。時々ラインをつまんでテンションを掛けながら巻き上げるようにすれば、スローオシュレートリールにありがちなトラブルの多くは回避できますね。ロングストロークとスローオシュレートが生み出すキャストフィールは新感覚。キャスト時のブレがグッと抑えられていて、手にあたりまえと思っていた振動が伝わってきません。綺麗に巻けて、綺麗に飛んでいく。まさにそんな印象ですね。

 

 

ここ一番の飛距離は、釣り人のモチベーションを高めてくれます

伊藤 幸一 KOICHI ITO

僕は以前からスーパースローオシュレート(密巻き)のリールが好きで、ほとんどの釣りでスーパースローオシュレートのリールを使っています。その理由は、“飛距離が出るから”です。特に競技会は、あと数10㎝のアドバンテージが勝敗を分ける世界。隣に選手がいて横へ探れないときは、遠投で縦に探るしかありません。2mでも3mでも飛距離を伸ばすことができれば、それだけで武器になります。「キススペシャル45」を手にしてからは、CE GOKUHOSOが僕のメインリールです。綾巻きの「キススペシャル45 GOKUHOSO」は、23号前後の軽いオモリで5色以内の近場を攻めるとき、木オモリや発泡を合わせた浮力のあるオモリで底が荒いポイントを狙うときに使いますね。こちらのほうが5g自重が軽いので、近場を手返しよく攻める釣りに向いています。トラブルレス性能については、上のラインがしっかり下のラインを押さえてくれる従来のオシュレートスピードのほうが有利とされており、僕もこれは否定しません。ただ、シマノでも繰り返し実釣を交えたライントラブル検証を行って、トラブルがかなり少なくなっていることもあり、スーパースロー 10はライントラブルが多いかといえば、そうは感じませんね。もともと僕は重めのタングステンオモリを多用しており、巻きのテンションが緩みにくいということもありますが、ネガティブな印象よりむしろ、軽快なキャストフィールや飛距離といったメリットのほうが強く感じられます。ライントラブルにお悩みの方は、やや重めのオモリを使うとよいでしょう。また、巻き上げ中のテンションの緩みに注意して、最後の1色だけでもラインを指でつまんで巻くと効果があります。根掛かりが少ないポイントなら、メインラインの号数をワンランク落とすと、放出時の引っ掛かりが抑えられ、トラブルも減るはずです。「キススペシャル45 CE GOKUHOSO」は、キャスト時の振動が従来比で30%軽減されたことがテストで確認されており、ラインの放出は非常にスムーズ。ラインが出るときの音が静かなのは、スプールエッジやガイドでの干渉が少ない証拠です。 わずかなミスが致命傷になる競技会において強気の攻めを展開できるのも、タックルに対する信頼があってこそ。ここ一番で飛距離が出るリールは、それだけで釣り人のモチベーションを高めてくれますね。

IMPRESSION インプレッション

キススペシャル45

2022 年、キスの投げ釣り用リールに求められる剛性と軽さ、飛距離と正確性を追求し、高次元で実現したフラッグシップモデル『キススペシャル 45』が登場。

「より遠くに、より正確に」というキャスターの夢を追い求め、さらなる飛距離をもたらす45mmストロークスプール、剛性と軽さを両立し、遠投性能と正確性を高めるリジッドキャストなど、最先端の技術を結集。さらに、投げリール初搭載となるインフィニティドライブ&サイレントドライブで、軽い巻き上げと精緻な巻きごこちも実現。その比類なき性能がキス投げ釣りを新たなステージへと導く。

 

シマノ投げインストラクターの日置淳氏、伊藤幸一氏、草野満氏が、『キススペシャル45』を用いての陸上でのキャスティングテスト、そして砂浜でのキスの実釣を行った。実際に『キススペシャル45』を使用した3名の言葉からその全貌を紐解く。

 

日置 淳 IMPRESSION

 

 

日置 淳 JUN HIOKI

剛性が生み出す圧倒的飛距離と正確性

「まず『キススペシャル 45』の特徴として、シマノの投げリールに対する最適バランス設計であるリジッドキャストが搭載されたことで、リール全体の剛性が大きく向上しているのを実感しました。投げ釣りで 100g ほどのオモリをフルキャストするときには、だいたい 10kg ほどの負荷が掛かります。リールには相当の負担がかかるのですが、キャスト時に振り抜いたときにたわむ感じがないんですよね。シャフトはもちろん、リールのフット、スプールにしても、たわみをほとんど感じないので、リリースが安定して自分の思ったところにキャストできるんです。リジッドキャストの入っていないタイプとの比較など、さまざまなキャスティングテストを行いましたが、剛性の劣るものほどキャストにはバラつきが出ました。ただ、今回のリジッドキャスト搭載の『キススペシャル 45』に関しては、キャスト時にリールの前後、左右のたわみはほとんどなかったので、投げるのが本当に気持ちよかったです。より遠くに、より正確にキャストできたイメージです」

キャスティングテスト終了後、日置氏に聞くとこのように語ってくれた。

「3人とも投げることと、遠投してキスを掛けることが好きなメンバーですので、実釣では目いっぱいキャストして遠投性能、ライン放出の感覚を楽しみたいですね。あとはリールの巻きごこち、『キススペシャル 45』は巻きがすごく滑らかでしっとりしており、その感覚を味わえるのが今から楽しみです。爽快で快適、気持ちの良いキス釣りが展開できるのではないかと考えています」

キャスターを魅了する遠投性能と巻きごこち。日置氏は翌日の実釣を心待ちにしていた。

 

陸上でのキャスティングテストにて

スムーズでパワフルな巻き上げ

「キャスティングテストでも感じたことですが、45mm ストロークのスプールはラインの放出が非常にスムーズで気持ちいいですよね。CE(コンペエディションモデル)には、スーパースロー 10 が採用されていることもあり、ラインの放出抵抗が抑えられており、音もなく静かに放出されるので快適でした。キャスト全般に関してはリジッドキャストの採用により、リールがたわまないので、ここに投げたいなというポイントに正確にキャストできます。より遠くに、より正確なキャストが可能となっていますね。また、巻き上げの力強さを要求されるときに負荷がかかってもたわまないのでスムーズに巻き上げることができます。ここにもリジッドキャストの効果が現れているのではないでしょうか。

水深のある釣り場のやや渋い状況のなかでの実釣となりましたが、サビくときにゆっくりとハンドルを回してもノイズをまったく感じず、渋い状況下でアタリをとることに集中できました。これはかなり大きな武器になると思います。すごく釣れている状況でしたら、リールのノイズは気にならないかもしれません。しかし、非常に渋い状況で神経を研ぎ澄ませてサビくような状況では、ノイズを少しでも感じれば集中力が欠けたりしがちですが、それがないのでキスのアタリを確実にとることができました。

それと、魚を掛けてからの巻き上げも滑らかですよね。今回はいい型のキスを3点掛けして水深 10m ほどの海底から巻き上げるシチュエーションがありましたが、滑らかさを生かして勢いよく巻き上げることができたので、手前に群生する藻場の沖ですっと浮かして取り込むことができました。『キススペシャル 45』の巻き上げの滑らかさはもちろん、力強さを改めて実感しました。スムーズでパワフルな巻き上げについてはインフィニティドライブ、ノイズのない巻きごこちに関してはサイレントドライブといった投げ専用リールでは初めてとなる機構が搭載されているからこそ、実現できたことだと思います。

それと今回のリールの特徴のひとつであるハンドルノブの新形状については、指3本で挟むようにしても軽く巻けますし、速く巻くときにも指を引っ掛けて力強く巻けるようになっているので大変使いやすいと感じました。『キススペシャル45』はこれまで体感したことのないリールに仕上がっており、キス釣りがもっと楽しくなるのは間違いありません」

 

実釣では良型の3点掛けに成功。「手前に藻場があるので、水深10mから一気に巻いて浮かす必要がありました。シルキーな巻きごこちでガンガン巻ける、このリールでなければ獲れてなかったかもしれません」

『キススペシャル45』でより遠くのポイントをより正確に狙い撃つ

釣果を重ねる日置氏。喰いの渋い難しい状況だからこそ、リールの実釣性能が際立つ

CE GOKUHOSOには45mmストロークに加えてスーパースロー10も搭載されており、ラインの放出が非常にスムーズ

伊藤 幸一 IMPRESSION

 

 

伊藤 幸一 KOICHI ITO

飛距離と正確性は競技でも大きな武器に

「率直に言って剛性感の高いリールだと思いました。PE ラインを使用する場合、これまではスプールを下げた状態でキャストしていました。一番上にした状態で投げたほうが抵抗は少なくなりますが、リールが長くなるぶんキャスト時にネジれるということがあるからです。今回はテストということもあって私の考える一番悪い条件、スプールを一番上にした状態で投げたのですが、確かにネジれとかたわみなどを感じることがなく、思ったところに飛んでいるなという印象でした。投げるときに最も竿が曲がってオモリが乗る瞬間があるのですが、剛性のないリールの場合、その瞬間にスプールがネジれるような感覚があり、ネジれるとリリースポイントがズレるのです。そうなると引っ掛けて左へ飛んだり、思いのほか抜けてしまうことがあります。『キススペシャル 45』にはそれがまったくなく正面に投げられるというのはもちろんあるのですが、思ったところに投げられる、少し右、少し左にコントロールして落とすというのもすごくやりやすいと感じました。ジャパンカップなど実際の競技の場面では、同じところにばかり投げていたら魚は釣れなくなってしまいます。斜めには投げられないルールがありますので、そのときに投入点を少し左右に振ってやることで魚の群れを捉えることができます。リジッドキャストによりたわみがなくなり、リリースのタイミングが安定することでキャストの精度が向上していますので、競技でも非常に大きな武器になりますね。 45mm のストロークについては、私がテストで投げたときは左前からのアゲンストの風で、普通は飛距離が落ちるんです。だけど、今までこんなに飛んでいたかなと思うほど飛んでいたので、35mm と比較しても飛距離は出ると実感しました」

ラインは濡れていないとトラブルが多くなりがちだが、キャスティングテストにおいてライントラブルはなかった

集中力が高まる圧倒的な巻きごこち

「実釣で使用してみて、45mm ストロークについては、やはり飛距離も予想通り出てくれましたね。ポイントは通常で言えば6色、7色という届く距離なのですが、藻場をかわすために浮き上がりのいいオモリを使用したので投げるのはけっこうきつい状況でした。それでもきっちりポイントまで届いてくれましたし、遠投能力、飛距離、ライン放出のよさが確認できましたよ。

実釣ではまっすぐ投げるのが基本ですが、横にずれて投げたり、もっと左沖を狙ってみたいと思ったときにも狙いたい場所へ投入できました。リジッドキャストの搭載によりコントロールの精度が上がり、確実に狙った所に仕掛けを落とせるのを実感しました。

仕掛けの回収では『キススペシャル 45』の巻きごこちの良さ、スムーズさを体感しました。シルキーといいますか、例えるなら氷の上を滑るような巻きごこちです。今回の釣り場は4色~3色辺りに藻があるのですが、それをかわすために浮き上がりのいいオモリを使い、4色半~4色で浮上させようとスピードを上げてリールを巻いたりするときなど、巻き上げのコントロールが非常にしやすかったですね。巻きごこちの悪いリールだと、この調整がなかなかやりづらいんです。速く巻いてすぐに浮上させたいときには回転を速くして対応するわけですが、それがやりやすく、非常に巻きごこちがよかったです。

リールでサビく釣りもやってみたのですが、海底のアンジュレーション(起伏)の変化が竿でも掴めるんですが、リールでも掴めるんです。そこまで繊細、巻きがスムーズで変化がわかるリール、なおかつ巻きをコントロールしやすいリールだと感じました。巻いていて本当に静かなのですが、ノイズが出る、音が出るということは振動になってハンドルノブを掴む指などに伝わるということです。釣り人にとってはまさに雑音以外の何ものでもありません。余計に集中しなければならないところで、集中力が削がれてしまいます。これだけ静かに巻けるということは、集中力が問われる大会などでも大きな力になってくれるでしょう」

 

 

グッドサイズを釣り上げた伊藤氏。「フグを避けるのにリールサビキに変えたらいきなり喰ってきました。リールも竿もいい仕事をしてくれました」

「スプールを上げた状態でキャストしても、ネジれやたわみをまったく感じません」(伊藤氏)

伊藤氏は飛距離が出にくいタイプのオモリを使用していたが、リールの性能により沖のポイントに正確にキャストできたという

リールの性能を確認しつつ本命を追加していく

草野 満 IMPRESSION

 

 

草野 満 MITSURU KUSANO

スプール10mm の差が数m の飛距離の差に

「従来の 35mm ストロークの『キススペシャル』はすごくしっかりしたリールでした。45mm ストロークになってかなり大きくなった印象を持ったのですが、しっかりとした感じは 35mm と変わりなく同じようなフィーリングでキャストすることができましたね。飛距離については、35mm ストロークの前作が非常にいいリールでしたので、正直なところそれほど差が出ることはないだろうと考えていました。ところが、今日はじめて陸上で計測してみると、やっぱり 45mm ストロークのほうが飛んでいるんですよね。スプールのわずか 10mm の差ですが、飛距離でいうと数メートルの差が確実に出ていたので、長いストロークのリールは飛ぶんだなとすごく驚きました。

リジッドキャストの効果は本当にすごいです。力強く竿を振った(キャストした)感覚は、従来の 35mm ストロークのしっかりした感覚と遜色なく、剛性があるので「カチッ」とした感触で従来通り投げられ、飛距離も伸びました。だいたいリールが大きくなるとぼやけるといいますか、しなるというか、感覚にズレが生じるんです。それがタイミングのズレがなく、従来通りのフィーリングで、思ったところで力を込めると思った通りに反応してくれました。ところが、リジッドキャストが採用されていないリールを試投したときには、その感覚がだいぶんズレてしまいました。リリースのタイミングがワンテンポズレてしまい、力が抜けるようなキャストになることもありました。リジッドキャストによって、理想のタイミングで振れる、リリースできるんだと実感しました」

 

パワーキャスターとして知られる草野氏の試投

驚異の飛距離で手つかずのポイントを探れる

「45mm スプールについては、陸上の計測で飛距離が伸びていましたが、実釣においてもラインの放出が実にスムーズで、これまでよりも飛んでいるのを実感しました。剛性に関してはやはりリジッドキャストの搭載が大きく影響しており、投げたときの感じがすごくしっかりしているのを前日に続いて確認できました。思い通りのタイミングでリリースできるのが、この機構の恩恵であるのは明白で、33 号のオモリも使ってフルキャストしましたが、狙ったポイントに向けて強く、正確にキャストすることができました。

元よりシマノのリールは巻きごこちがスムーズで滑らかですが、従来以上のここちよさを体感することができました。魚が掛かったときに、カケアガリのところで急に速く巻いて浮かさなければならないような場合でも、巻きが軽くてスムーズですので容易に乗り越えることができます。これらは、インフィニティドライブ、サイレントドライブが搭載されたことも大きく影響しており、巻き上げの軽さ、精緻で静粛性のある巻きごこちが実現されています。私自身はリールでサビく釣りはあまりしないのですが、『キススペシャル 45』はガタつきがなく集中できますので、リールで細かくサビいたりするようなケースで大きな武器になるのではないでしょうか。ステラのような感じで高級感があり、デザインも格好良いです。本当にいいリールに仕上がっているなと思いました。投げ釣りの原点である飛距離が出るのはうれしいですし、道具で伸びるというのはありがたいことです。沖の手つかずの場所を探れるので、さらに可能性は広がり、キス釣りがより楽しくなると思います」

 

沖を攻めて本命を攻略

33 号のオモリを使ってフルキャスト。正確性を極めた遠投能力を体感した

精緻で静粛性のある巻きごこちはキャスターの集中力を高める

スプールはホイールを想起させる。デザインに関しても高い評価を得た。

FEATURE 特徴

HAGANE_RL
HAGANE

金属加工技術を生かして真に使い込める製品を作るシマノの設計思想。

過酷な状況でも安心して使い続けられる堅牢性。感性を刺激する精緻な巻きごこちと確かな操作感。そして、想像を超える巻き上げ力。釣り人の真に使い込めるリールを愚直に追い求めることで、その営みがHAGANEギアやHAGANEボディを生み出しシマノの信念となる。全ては、釣り人のために。


HAGANEGEAR_RL_SP
HAGANEギア

めざしたのは、永遠に変わらない巻きごこち。

金属の塊を高い圧力でプレスし、切削なしにミクロン単位の精度で仕上げる。精密冷間鍛造と言われる独自の技術が、硬く、粘り強いギアを生み、なめらかな巻きごこちを可能にする。


XSHIP_RL_SP
X シップ

ドライブギアの大径化、ピニオンとドライブ両ギアの最適配置、ピニオンギアのベアリングによる2点サポート。これら頑強なギアの噛み合わせが、負荷に強い軽快なリーリングを保持する。


HAGANEBODY_RL_SP
HAGANE ボディ

軽量で剛性の高いアルミニウムやマグネシウムなどの金属を使うことで、リールのたわみや歪み、ネジレをしっかりと抑制。繊細なギアの噛み合わせを守り、スムーズなリーリングを可能にする。


INFINITYDRIVE_RL_SP
インフィニティドライブ

つねに主導権を握れる、パワフルな巻き上げ。

これまでピニオンギアで支持していたメインシャフトを特殊低摩擦ブッシュで支持することで摺動抵抗を大幅に軽減し、さらにメインシャフト自体に特殊表面処理を施すことで回転トルクを低減。高負荷時でも積極的に巻き上げられるリールへと進化しています。


RIGIDCAST_RL_SP
リジッドキャスト

剛性と軽さの最適バランス設計。キャスト時の大きな衝撃によるリールのたわみを小さく抑えることで、リリースのタイミングが安定。その結果、飛距離だけでなく正確性も向上します。


SILENTDRIVE_RL_SP
サイレントドライブ

細部まで徹底した、静謐なる一体感。

ボディ全体の基本設計、駆動関連部品をひとつひとつ見直し、部品間の微細なガタ、隙間、揺れを細部に至るまで徹底的に排除。改善の対象箇所はドライブギア、ウォームシャフト、ウォームシャフトピン、ウォームシャフトギア 、摺動子ギア など多岐に渡る。新たな次元での滑らかな回転性能、静粛性を伴った巻きごこちを実現しました。


XPROTECT_RL_SP
X プロテクト

シマノが誇る鉄壁の防水構造。

【中小型の汎用リール】
より軽い回転が求められる中小型汎用スピニングには、回転軽さを損なわないよう非接触式構造にこだわりました。従来の撥水処理に加え、水の侵入を抑えるラビリンス構造を複合することで、非接触でありながら高い防水性能を実現しました。ストッパーベアリング部、ラインローラー部等に採用されています。
【ソルトウォーター用の大型リール】
より高い防水性能が求められる大型スピニングリールには接触式の防水構造を採用しています。低摺動タイプのシール部材で海水の進入経路を物理的に断つことで、回転抵抗を押さえつつ高い防水性能を実現しました。ストッパーベアリング部、ラインローラー部に採用され、特にストッパーベアリング部は防水規格IPX8相当を実現しています。


GFREEBODY_RL_SP
G フリーボディ

スプールを前後運動させるための摺動機能部品をリール本体上部に配置し、リール全体の重心を手元に近づけることに成功。これによりロッドとの一体感が向上し、キャストによる疲労の低減、ロッド操作性の向上につながります。


PARELLELBODY_RL_SP
パラレルボディ

キャスト時、道糸が竿を叩きにくくなるよう、竿とリールの位置関係はそのままに、スプールの中心線とロッドを平行にすることで、スムーズなライン放出が可能になり、飛距離アップにつながります。


SUPERSLOW10_RL_SP
スーパースロー 10

スプール1 往復でラインが約100回転も巻き取られる超スローオシュレーション。キャスト時の放出抵抗を抑え飛距離アップにつながります。


※CE GOKUHOSOのみ採用

CI4+_RL_SP
CI4+

軽量カーボン素材CI4を進化させた新カーボン素材。軽さをそのままに剛性、耐久性が大幅にアップし、リールの小型、軽量化を可能にしました。


SA-RB_RL_SP
S A-RB

特殊防錆処理をベアリング自体に施すことで、錆びに対する耐久性が大幅にアップしました。S A-RBはさらに側面を防錆素材でシーリングし、ベアリング内部での塩分再結晶化による塩ガミを大幅に減少させています。


ONE-PIECEBAIL_RL_SP
ワンピースベール

まったく継ぎ目のない一体成型のベールの製造に成功。見た目に美しく、トラブルレスを実現しました。


KAISUIOK_RL_SP
海水OK

IDV_FEATURE_a075F00003iiN1FQAU_07
45mmストロークの替スプール付属

IDV_FEATURE_a075F00003iiN1FQAU_01
45mmストロークスプール

従来より10mm長い45mmストロークを初採用。飛距離アップに大きく貢献します。


IDV_FEATURE_a075F00003iiN1FQAU_04
Xプロテクト (ラインローラー部)

ラインローラー部には、より軽い回転性能が求められるため、専用に新たな防水構造を開発。回転軽さを損なうことのない非接触式にこだわり、従来の撥水処理に加え水の浸入を抑えるラビリンス構造を採用することで、非接触でありながら高い防水性能を実現しました。ラインローラーベアリングの塩ガミ耐久性も大幅に向上しています。


IDV_FEATURE_a075F00003iiN1FQAU_06
CI4+(ローター)

軽量カーボン素材、CI4+を進化させた新カーボン材料。CI4+の軽さはそのままに実釣時での剛性、耐久性を大幅に向上。これによりローターの小型軽量化を可能にしました。


LINEUP ラインナップ

SPECIFICATION スペック表

品番

ギア比

許容耐力(Kg)

自重(g)

スプール 径(mm)/ストローク(mm)

糸巻量PE(号-m)

最大巻上長(cm/ハンドル1回転)

ハンドル長さ(mm)

ベアリング数BB/ローラ―

夢屋ハンドルノブタイプ

本体価格(円)

商品コード

GOKUHOSO 3.5 20 400 67/45 0.6-250,0.8-200,1-160 77 80 9/1 B

99,700円

044341 *
CE GOKUHOSO 3.5 20 405 67/45 0.6-250,0.8-200,1-160 77 80 9/1 B

99,700円

044358 *