弊社では、お客様が常に快適にウェブサイトをご覧いただけるようCookieを使用しています。

 ”同意します”ボタンをクリックすることによって、弊社のポリシーに従ったCookieの使用に同意されたものと見なします。弊社のCookieの使用方法に関して詳しくは、 こちらをお読みください。

弊社では、お客様が常に快適にウェブサイトをご覧いただけるようCookieを使用しています。

 ”同意します”ボタンをクリックすることによって、弊社のポリシーに従ったCookieの使用に同意されたものと見なします。弊社のCookieの使用方法に関して詳しくは、 こちらをお読みください。

一竿風月トップ
一竿風月 番外編 吉田康雄流 シマノ最新へら竿チョイス【前編】

 

 

2020年春、日本列島を襲った新型コロナウイルスの感染拡大。釣りに行けず自宅で悶々と過ごしたアングラーも多かったのではないだろうか。
そこで今回は思い切って視点を変え、コロナ終息後にも役立つであろう「保存版」として、シマノフィールドテスターである吉田康雄による「シマノ最新へら竿チョイス」をお届けしよう。
実はかねてから問い合わせが多い「シマノのへら竿をどのように選んだらいいのか?」というみなさんからの素朴な疑問に対して、トーナメントから野の巨べら釣りまでを愛するオールラウンダーであり。常に第一線で活躍を続ける吉田康雄に、思う存分答えてもらった。
もちろんエサやウキと同じで、へら竿選びにも絶対的な正解は存在しない。「好み」というファクターも大きく影響してくるから、なおさらであろう。今回の吉田さんへのインタビューも、あくまで「吉田流」の視点。しかし、現在のへら鮒界の最前線を突っ走るトップランナーである吉田さんのアドバイスは、きっと多くの方の心に響くはずだ。

 

どハマリ中、「柳」!

昨年秋の登場以来、吉田さんがまさに今「どハマり」している竿が、「飛天弓 柳」だ。

これは決して「新製品だから」という理由ではなく、実際、あらゆる場面で筆者もことあるごとに「今度の『柳』、最高に気に入っちゃっているんですよ」という吉田さんの生の声をよく聞かされているので、おそらく「本音」で間違いないだろう。
元来吉田さんは「曲がる竿が好きだ」と公言してきたアングラーだ。古くはあの名作「飛天弓 本ぬけ」でシマノにハマったクチである。そんな吉田さんにとって「柳」は今、自身の釣行の絶対的なベースになっているという。
「管理釣り場やそれに順ずる釣り場に釣行する場合、今は全て『柳』をベースに考えています。竿的には細身のよく曲がるしなやかな竿ということになりますが、カタログ的に言えば、『スパイラルX』と『ハイパワーX』のダブルX構造によって、相当な大型以外のほとんどのへら鮒に対応できる竿になっていると思います。それでいて使っていて愉しいですし、釣り味もある。細身で自分の個人的な好みにもドンピシャですし、今、完全にどハマりしている竿ですね。
また管理釣り場だけでなく、昨年の戸面原ダムでの釣りのように、湖でのボートフィッシングでも最高に愉しい竿だと思います。確かに他の硬式系の竿に比べれば取り込みには多少時間はかかりますが、愉しい時間が長くなると考えれば最高だと思いません?」
軽量、超細身、しなやかな胴調子、そして「スパイラルX」と「ハイパワーX」による強さ…。しなやかに曲がり、力強く浮かせる「柳」が今、吉田さんの中心だ。
一般的な管理釣り場やそれに順ずる釣り場では「柳」を中心に据えて考えるという吉田さん。では、他の竿はチョイスすることはないのだろうか?
「だいたいの状況なら『柳』でカバーできるとは思いますが、例えば相手にするへらがキロオーバー主体になってくる時や、勝負がかかっていてある程度は引きたい…という時は、「飛天弓 皆空」 を選びます。「皆空」はガチガチの競技用硬式ロッドと誤解されることがあるんですが、振ってもらえばわかるとおり、意外と細身で曲がるんです。釣り場で手渡すと『えっ、こんなに軟らかいの!?』なんて驚く人もいますね。硬派なイメージが先行してしまっている感がありますが、実はけっこう曲がる竿なんです。なので、そういう意味でも『柳』から持ち替えても違和感がないんですよ。浅ダナでもチョーチンでも、基本は『柳』で、さらなる強さを求めるなら『皆空』。今はだいたいそんな感じですかね。」
浅ダナ、チョーチンに関わらず、「柳」を基本に、完全大型主体の釣り場や最盛期のビッグトーナメントでは「皆空」の力を借りる、という使い分けをしているという吉田さん。しかし「特例」として、ある意外な竿の名前を挙げた。
「これからの時期、大型主体の池でのパワー系のチョーチンセットなどで出番が増えるのが『特作 天道』ですね。これはもう、一言で言えば『ゴツい竿』です(笑)。しかしただ硬くて太いというわけではなく、硬式の竹竿のような感触が特長です。ズシリとした重量感があり、キロクラスがダブルで来てもビクともしない力強さがあります。それでいてシマノのへら竿らしくちゃんと胴が機能して『曲がる』ので、バラしも少ない。これからの時期、両ダンゴはもちろん、ホタチョーやヒゲチョーチンにも最高ですよ。」
ここで「天道」の名前が出てくるのは意外だったが、確かに言われてみればベストな選択になりうるかもしれない。

 

どハマり中の「飛天弓 柳」を軸に、さらなる強さを求めるなら「飛天弓 皆空」。最盛期チョーチンなら「特作 天道」の出番だ。

※「特作 天道」ではちょっと強過ぎるかなという方には、「朱紋峰 煉」がオススメ。扱いやすい硬式胴調子で、ボートでのチョーチン釣りにも最適!

 

昨年夏、戸面原ダムで愉しそうに「飛天弓 柳」を絞り込む吉田さん。今やほとんどの釣行のベースとなっている「どハマり中」の竿だ。

吉田さんが挙げた意外な竿が「特作 天道」。これからの最盛期、主にパワー系のチョーチンで出番が増える竿。硬式の竹竿を彷彿させるパワーと包容力が魅力だ。

「今は仕方ないですね。終息後に気持ちよく釣りができるよう、しっかり家にこもって仕事に集中しています。」
緊急事態宣言発出以降はきっぱりと「釣り断ち」をし、もっぱら自宅でウキ作りに専念しているという吉田さん。仕事場にこもってひたすらウキを作り続ける日々だという(写真は家族によるスマホ撮影)。
電話取材によって構成した今回の記事では、カタログ的にならないよう、あえて「吉田流」を前面に押し出して構成させていただいた。また便宜上、「管理釣り場」、「野釣り」、「オールラウンド」、「長竿」、「趣き重視」と6つに分け、読んだみなさんが自分の釣行スタイルに当てはめやすいように工夫してみた。
冒頭にも記したとおり、「好み」ということを考えればまさにへら竿の選び方は個々人の自由ということになろう。しかし普段、吉田さんがどのように考えて釣り場や釣り方に合わせて竿を選んでいるかを知れば、各人それぞれの「へら竿チョイス」にきっと役立つはずだ。

「またたき」&「ボーダレス」 純野釣り最強コンビ

さて、管理釣り場と並んで今や年間を通して吉田さんの釣行の二本柱となっているのが、大自然の中で大型を求める野釣りである。もちろん野釣りでも放流されたへら鮒を相手にする管理釣り場的な釣り場も存在するが、ここではそれは除外し、いわゆる「純野釣り」をイメージしていただきたい。

「もうこれは『またたき』と『ボーダレス』のコンビで決まりですね。春の乗込みはもちろん、それ以外でも短めの竿で大型を狙う時は『飛天弓 頼刃 またたき』、野の大型狙いで中尺以降の竿を使う時は『ボーダレスGL Nモデル』、という使い分けです。
『またたき』の良さはもちろん『強さ』にあると思うんですが、抜けを防止する振り出し穂先を採用したり、直付けタフリリアンを採用したりと全てが乗込みの大型釣りに特化した作りになっているので、機能的な面はもちろんですし、『ヤッカラに囲まれてまたたきを振っている』という高揚感も味わうことが出来ます。長さも5尺からありますしね。『そこまで要らない』という方には若干普通っぽい竿になっている『剛作』という竿もありますが(こちらは硬式が好きな人なら管理釣り場でもOK)、個人的には『またたき』一択ですかね。なにせワクワク感がありますから(笑)。
春の乗込み時でも長めの竿になるような時は、「ボーダレスGL Nモデル」の出番です。こちらも強い竿で、肉厚。大型の鯉やレンギョがきてもビクともしないので、夏場の本流の釣りなどにも最高です。デザインは斬新ですが、かといってごん太のイロモノ的な竿などでは決してなく、ちゃんと『へら竿』していますしね。硬めの竿が好きでデザインが気に入れば、管理釣り場で使っていただいても全然OKだと思いますよ。確か以前、岡田(清)さんも椎の木湖で使って絶賛していましたよね。
自分の場合、冬場だとオールラウンド系の『朱紋峰 嵐月』を選ぶこともありますが、大型の他魚が来る確率が高い暖季は、やはり肉厚の『ボーダレスGL Nモデル』が安心ですね。平場の乗込みはもう終わってしまいますが、これから夏になれば本流のシーズン。冬に某取材でやらかしている(オデコ)ので、密かにリベンジを目論んでいるんですけどね(笑)。」
夏の利根川本流で、「ボーダレスGL Nモデル」の超長竿が炸裂するか!?

 

大型を狙う純野釣り。「またたき」&「ボーダレス」の最強コンビで決まりだ。

残念ながらコロナの影響で今年は消化不良に終わってしまった印旛挑戦。しかし8年目となる来年の春、吉田さんの「またたき」が大きく曲がる瞬間がきっと見られるはず!?(写真は昨年撮影のもの)

今年の冬、利根川本流で「ボーダレス」27尺を豪快に振り回す吉田さん。そのデザインは先進的だが、利根川の広大なロケーションとも不思議とマッチしていた。この時は残念ながら生命感無く魚を掛けることは出来なかったが、本流シーズンもまさにこれから。豪快に「ボーダレス」を曲げる場面は来るのか!?

※「飛天弓 頼刃 またたき」ではちょっと強過ぎるかなという方には、「剛作」がオススメ。行き過ぎない硬式先調子で、管理釣り場等でも愛用者多し!

 

前編記事はこちら

RELATED ITEMS 関連製品

ANGLER アングラー

吉田 康雄 YASUO YOSHIDA

1976年、東京都荒川区で生まれる。
数々の大会で上位入賞、全国大会進出を果たしているが、記憶に残るのは99年シマノジャパンカップへら釣り選手権大会の準優勝と、14年に実現した同大会優勝。人気ウキ師としても評価が高い。巨ベラ狙いにも積極的で、05年春には亀山湖で50cmを達成した。

 

RELATED ARTICLES 関連記事